電車やバスに乗った時、となりの人の臭いが気になったことありませんか? 食べるだけでからだが臭くなる、注意したい食べ物をご紹介します。
食べ過ぎ注意!食べるだけでからだが臭くなる『臭う食べ物』

欧米人の体臭が強い理由とは

暖かい季節になってくると、薄着になるのはもちろん、ちょっとしたことでも汗をかきやすくなります。からだを清潔に保ち、きれいに洗った洋服を着ていても、防ぎ切れないのが体臭です。ワキガ症や多汗症などとは関係なく、食べたものが原因でからだが臭ってしまうことがあります。からだが臭くなる食べ物をまとめてご紹介します。

<食べるだけでからだが臭くなる『臭う食べ物』>

◯肉

肉に含まれるタンパク質は、三大栄養素のひとつですが、とりすぎは体臭の元に。タンパク質は、腸内細菌の悪玉菌のエサになるため、とりすぎると悪玉菌の増加につながります。そして悪玉菌は、腸内で悪臭を放つ有害物質を生み出します。この有害物質が腸内から血液に入り、全身に運ばれることで体臭に。
また、皮膚の「皮脂腺」や「アポクリン腺」から出る臭いは、脂質から作られます。肉に含まれる動物性の脂肪酸(脂質)は、皮脂腺やアポクリン腺の活動を刺激して、過度に活発にさせるので、からだの臭いも強くなります。肉食中心の欧米人は体臭が強いといわれるのもこのせいです。

◯乳製品

牛乳やチーズなどの乳製品にも、動物性脂の脂肪酸がたくさん。皮脂腺やアポクリン腺を刺激して体臭を強くします。アイスクリームやクッキー、生クリームたっぷりのケーキなどにも、乳製品がたくさん入っています。スイーツ好きの人は注意を。

◯コーヒー

利尿作用のあるコーヒーをたくさん飲むと、体内の水分が減って、口が乾きやすくなります。すると、ドライマウスによる口臭が発生することに。さらに、コーヒーのカフェインは自律神経の交感神経を刺激します。からだがアクティブモードになるとともに、汗腺も刺激。汗をかきやすくなるため、体臭もキツくなってしまうのです。

◯添加物

加工食品などにたくさん含まれている食品添加物。からだに食品添加物が取り込まれると、からだはそれらを排出するために、消化や分解をします。この時、からだのサビといわれる「活性酸素」を発生。活性酸素は、体内の脂質を酸化させて臭いの元に。若いのに加齢臭のような臭いがする人は、レトルト食品やカップ麺、お菓子などの食べすぎかもしれません。食生活を見直して。

◯ニンニク、ニラ

これらの食材は、もともと強い臭いを発するので口臭がしないよう、食後に気をつけている人も多いはず。でも、口臭だけではなくからだの臭いにも発展。臭い成分のアリシンは、分解される際に強い臭いを発生するので、食べ過ぎは気をつけて。

◯アルコール

お酒を飲むと、体内で代謝されるときに「アセトアルデヒド」という物質が生成されます。アセトアルデヒドは二日酔いの原因にもなる物質ですが、これが血中に増加すると臭いのもとに。尿はもちろん、皮膚からも排出されるので、からだの臭いになります。

◯辛い食材

辛いものを食べると発汗作用で、全身に汗をかきやすくなります。汗と雑菌が混ざると、臭いのもとに。汗をかいたシャツは、早めに着替えるなどで対策をしましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと

この記事は2018年5月に執筆されたものです。