仕事に家事に多忙な毎日。ちょっとしたことでイライラしていませんか?

そんな怒りをコントロールするのが「アンガーマネジメント」。その方法をまとめました。
怒りの対処法「アンガーマネジメント」で人間関係を円滑に

怒りをコントロールしてストレスを減らす

レジで待たされイライラ……、上司に小言をいわれ憤慨……。

すぐ怒ってしまったり、怒り出すと止まらないといったことはありませんか?

怒りは自然な感情ですが、激しい気持ちに振り回されて「仕事が手につかない」、「人間関係が悪化」といった支障もでてきます。

そこで、取り入れたいのが「アンガーマネジメント」です。

アンガーマネジメントとは、怒りをコントロールしたり、癒やしたりする方法のこと。1970年代にアメリカで開発された、心理トレーニングがその始まりです。

エグゼクティブが取り入れるなどして、日本でも近年急速に広まりました。

「あの時、怒らなければよかった」といった怒りにまつわる後悔や、「小さなことでもイライラしてしまい疲れる」などのストレスも減らすことができます。

ただし、怒りの感情をなくしたり、無理に押さえ込んだりすることは不要。

怒りの感情自体は悪いことではありません。自分の怒りの感情を理解し、コントロールすることが重要なのです。

アンガーマネジメント流 怒りの対処法

もしイライラしたり、カッとなったりしたら、次のことを取り入れてみましょう。

怒りの感情が爆発するのを防ぐことができます。

6秒ルールで時間を稼ぐ

アンガーマネジメントの方法として有名なのが「6秒ルール」。

怒りの感情のピークは、最初の6秒だとされます。そこで、この6秒をやり過ごすという方法です。

怒りを感じたら、自分に「落ち着いて」と問いかけてみたり、手に指で怒りの内容を書くなどして、6秒をやり過ごしましょう。

◯怒りを感じた場所を離れる

強い怒りを感じて、自分の感情がコントロールできないと思ったら、まずその場を離れましょう。

物理的に環境を変えることによって、相手を怒鳴り散らすなどの攻撃的な行為を避けることができます。

◯怒りに点数をつける

怒りという感情は目に見えないもの。

怒りとひとくくりにするだけでなく、点数をつけて客観視することで、冷静に理解しやすくなります。

まったく怒りを感じていない状態を0、絶対に許せないと思うくらいの激しい怒りが10です。

怒りの感情が湧き上がった時、点数をつけるクセをつけることによって、自分の怒りの種類やクセを知ることもできます。

◯深呼吸をする

怒りを感じると、体は自律神経の交感神経を優位にします。心拍数を上げて体を攻撃モードにして備えるためです。

逆に副交感神経は体をリラックスさせるもの。怒りを感じたら、深呼吸をしましょう。

深呼吸すると、副交感神経を優位にする効果が。深呼吸で体をリラックス状態にすれば、怒りがトーンダウンしてくるでしょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと