体は疲れても、脳は疲れないのを知っていますか?

また、年齢に関係なく能力をアップさせることも可能です。

脳の機能を利用して、能力を高める方法をご紹介します。
脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ

海馬を刺激して記憶できる量を増やす

「あの人の名前が思い出せない」など、物覚えが悪くなったと感じたことありませんか?

ほとんどの人が、年のせいと思っていますがこれは間違い。

最近の研究では、脳細胞は刺激を与えれば衰えないことがわかっています。

脳が疲れたと感じるのは、脳のエネルギー源となる糖分が足りていなかったり、あるいは目など他の体の部位の疲れが原因なのだとか。

そして、脳の機能を上げるために重要なパーツが「海馬」という部分です。

脳の大脳辺縁系の一部で、タツノオトシゴのような細長い形をしています。

海馬は、脳の記憶や空間学習能力に関わる脳の器官。ここを鍛えることで、記憶できる量を増やすことが可能になるそう。

しかも、一度覚えたことが忘れにくくなるという効果も。

脳の海馬を鍛えて、能力を高めるにはコツがあります。

脳の能力を高める方法5つ

脳は酷使することで、疲れるのでなく、逆に機能を高めるとされます。

また、他にも、脳機能を高める使い方や食べ物、生活習慣もあります。それを5つご紹介しましょう。

1) 速読

脳は「シナプス」という神経細胞でつながっています。この神経は、使うほどに増えて脳の機能が増加していくのです。

スポーツや絵など、練習するとうまくなるのはこのため。

使うほどに進化するので酷使するのが効果的ですが、その方法としておすすめなのが、速読。

本を通常の速度の5~10倍速で読むようにします。

たくさんの情報をすぐに処理しなければならず、これが脳の刺激に。続けることで、脳の回転が速くなります。

深く物事が考えられるようになったり、ユーモアのある会話ができるなどといった効果も。

2) 声を出して読んだりメモをする

手や耳など、五感を使うと、ものごとが記憶されやすくなります。

例えば、声を出して本を読む、重要なところはまとめてメモを取るなどすると、より覚えやすくなるのでやってみて。

3) ドキドキ、ワクワクすることを行う

人の脳は、常にたくさんの情報を処理していて、重要なものとそうでないものを区別しています。

なかでも、感情がともなう情報は重要と判断。ドキドキ、ワクワクすることは、記憶に残りやすいのです。

また、幸福感があると分泌されるβ-エンドルフィンには、記憶を増強する作用が。

ふだんから気持ちいと感じることを、意識的に取り入れましょう。

4) ビタミンCを摂る

海馬はストレスに弱い器官です。長期的なストレスを感じると、記憶力が低下すると言われています。

ストレスから海馬を守るために、抗酸化作用のあるビタミンCを含む食品やサプリメントを摂取しましょう。

ビタミンCは水溶性で、体内に備蓄できないので、こまめに取ることを心がけて。

5) 適度な運動をする

軽いジョギングやウォーキングを1日10分すると、脳の海馬が鍛えられるそう。

ポイントは軽い運動にしておくこと。はげしい運動は、逆にストレスになることも。

海馬はストレスに弱いので、楽しくできる軽い運動を行いましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと