くしゃみや鼻水、熱っぽいなど……。花粉症の季節は、これらの症状がかぜなのか花粉症なのか判断しにくいもの。

そんな時に参考になる、症状のチェック方法を紹介します。
この症状はかぜ?それとも花粉症? あなたの症状をチェック

悪寒があるか、目の症状があるかがカギ

花粉症といえば、鼻水、くしゃみ。でも、かぜをひいた時も、鼻水やくしゃみが出ることがあります。

そのため、自分では、この症状が花粉症によるものなのか、かぜによるものか判断がしにくいものです。

中には、花粉症とかぜが併発している場合も考えられます。そこで、主な花粉症の症状とかぜの症状をまとめました。

あてはまるものをチェックしていくと、自分の症状がどちらによるものなのか判断しやすくなります。

かぜと花粉症の症状をチェック

かぜと花粉症で大きく違う症状は、目です。

花粉症では、目のかゆみや充血が起こりますが、かぜでは起こりません。

また、悪寒はかぜでは感じられますが、花粉症ではありません。

特に、高熱は花粉症では見られない症状なので、高熱が出た場合は、かぜの可能性が高くなります。

・鼻水

花粉症/みずっぽい、透明
かぜ/初期はみずっぽいが黄色くなる

・くしゃみ

花粉症/連続して出る
かぜ/出ても単発

・鼻づまり

花粉症/完全につまり息苦しい
かぜ/つまるが苦しいほどではない

・目の症状

花粉症/涙目、かゆみ、充血
かぜ/なし

・のどの症状

花粉症/かゆみが出る
かぜ/痛みがある

・熱

花粉症/微熱
かぜ/微熱~高熱

・悪寒

花粉症/なし
かぜ/ある

・肩こり・腰痛

花粉症/ある
かぜ/なし

・期間

花粉症/長い
かぜ/1週間程度

かぜ薬を花粉症症状の改善に活用することも可能

花粉症なのか、かぜなのか、自分で明らかに判断がつく場合は、それぞれに合った市販薬を使うのがベスト。

そして、市販薬を使っても症状の改善が見られない場合は、医師に診てもらいましょう。症状が軽くなったり、はやく改善するはずです。

どちらかわからない時は、応急処置として、花粉症の症状改善に使えるかぜ薬もあります。

抗ヒスタミン剤が配合されているかぜ薬で、成分名はクロルフェニラミンマレイン酸塩、ジフェンヒドラミン塩酸塩、カルビノキサミンマレイン酸塩などです。

こういった成分が入っているかぜ薬には、効果・効能として「鼻水・鼻づまり」といった記載もあります。

ただし、やはり代用品。ある程度は花粉症の症状の解消に役立ちますが、抗ヒスタミン成分が花粉症の薬よりも少ないため、花粉症の諸症状を抑える効果は低くなります。

ちなみに、花粉症とかぜを併発した場合、花粉症の薬とかぜ薬は同時に飲んではいけません。併用すると、副作用が出る場合があるので、避けてください。

花粉症とかぜを併発した場合は、症状により処方が異なりますので、病院を受診しましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと