最近、髪のツヤやコシがなくなってきたと感じたら、薄毛のサインです。

すぐに対策を取り入れて。日頃のケアが、将来の美髪キープのカギになります。
なってからでは遅い!? 女性の薄毛対策は30代から始めよう|ケアの基本

生活習慣の乱れで薄毛になりやすく

女性の社会進出に伴い、薄毛に悩む女性も増加中。30代から髪の変化に気付き始める人も多いようです。

30代は、仕事でも責任のあるポジションを任されるようになることが多かったり、家事や子どものケアに追われ多忙な日々を過ごす傾向に。

それにより、生活習慣の乱れやストレスでホルモンバランスが乱れ、それが薄毛につながります。

女性ホルモンのエストロゲンには、女性らしさの象徴でもある豊かな髪を維持する役割が。

エストロゲンの分泌が減少すると、髪が細くなったり、抜け毛が増えたりします。

頭皮が見えやすくなってきた、うねりがきになる、髪のコシがなくなってきたと感じたら、薄毛対策スタートのサインです。

髪が伸びる速さは、だいたい1ヶ月で1cm程度。

そのため、薄毛対策を行っても目に見えるほどの効果が数週間で現れるということはありません。

気になり始めたら早めに取り入れて、長期的にケアをしていきましょう。

30代から始める薄毛対策

・ブラッシング

頭皮の血行は、薄毛対策のカギとなるポイント。

ブラッシングをすることで、頭皮の血行を促し、髪に影響がしっかり届くようにします。

コリかたまった頭皮をほぐすのはもちろん、髪の汚れも取れやすくするという効果も。

お風呂に入る前に、ブラッシングをするのがおすすめです。髪を立ち上げるように、髪が生えている方向と逆にとかして。

濡れた髪で行うとキューティクルが痛むので、必ず乾いた髪をブラッシングするようにしてください。

・ヘッドマッサージ

頭皮のコリを解消して、血行を促します。

パソコンやスマホなど目を酷使する作業が多い人は、頭皮がコリがちに。頭皮がこっていると髪へ栄養も届きにくくなります。

また、頭皮のコリを放置すると、頭皮のたるみにつがなり、毛穴に圧がかかるため、うねってツヤのない髪が生えることに。

髪のツヤは若さを印象づける大切なポイント。

頭皮のたるみは顔のたるみにもつながるので、シャンプーをするついでに、指の腹で頭皮を下から上に持ち上げるようにしてマッサージを行いましょう。

・シャンプーを変える

今まで、仕上がりの質感や香りなどで選んでいたシャンプーを、思い切って育毛や頭皮ケアを目的としたものに変えてみましょう。

毎日のシャンプーを変えることで、髪の育成にも大きな影響が。女性用の育毛シャンプーが多数販売されているので、試してみて。

・育毛剤

ケアにぜひ取り入れてほしいのが、育毛剤です。

育毛剤というと男性向けのイメージですが、現在では香りのよい女性用のものがそろっています。

頭皮用エッセンスといった名前で販売されているものもあるので、試してみて。

育毛剤と使う場合は、ブラッシング、頭皮マッサージなどを組み合わせるとより効果が高くなります。

・髪型を変える

カラーやパーマなど、ビジュアル重視の髪型から、髪に負担のかからない髪型へシフトしては。

同じ髪型をずっと続けていると、その分け目だけ紫外線ダメージなどにより薄毛になりやすくなったりすることもあります。

また、髪をいつもきつく結んでいる人は、髪が引っ張られることにより薄毛になりやすくなります。

美容師さんに、髪に負担のかからないヘアスタイルを提案してもらいましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと