「あれ? 臭うかも」と口臭が気になったことはありませんか?

口臭の原因と、口臭の陰にかくれた病気についてご紹介します。

口臭で分かるからだの不調|歯周病・虫歯・内臓の病気など

どんな人でも多少なりとも口臭がある

マウスウォッシュやガム、ミントタブレットなど、ドラッグストアはもちろん、コンビニや駅の売店でも口臭ケアグッズが販売されています。

それほど口臭を気にする人が多く、口臭ケアは日常的に行われています。

でも、どんなに気をつけていても、口臭をゼロにすることはできません。

個人差はありますが、口臭は誰もがあるものなのです。

唾液の分泌量が減ることによる「生理的口臭」

特に、寝起き、空腹時、緊張してストレスを感じている時は、唾液の分泌量が減少するために、口の中の細菌が増殖して口臭が強くなります。

これは「生理的口臭」といわれ、食事や水分を摂ったり、歯磨きなどで口腔内の細菌を減らせば改善します。

飲食物・嗜好品による「外因的口臭」

ニンニク、ネギ、酒、タバコなどによる口臭。

これらは一時的で、時間が経てば自然になくなります。

病気が原因で起きる「病的口臭」

気になるのが、口臭の陰に隠れた病気です。

舌や頬の粘膜にがんができる口腔がん、糖尿病、肝臓疾患、呼吸器、消化器系の病気、また、鼻やのどの病気を患っていると口臭が起こります。

このように病気が原因で起きる口臭は「病的口臭」といわれます。

ただし病的口臭の90%が口の中に原因があるもの。

こうした口臭は歯科で相談すれば、原因に合った治療や改善法を提案してもらえるはずです。

●歯周病・虫歯

まず、疑われるのは歯周病で、歯茎が炎症を起こし、進行すると歯まで蝕まれる病気です。

はじめは、歯を磨いた時に歯茎から血が出る程度ですが、進行すると膿が出るようになり、強い口臭に。

そして、虫歯も虫歯菌が臭いを発するため口臭の原因になります。

●歯垢、歯石、舌苔

歯垢、歯石、舌苔(舌の表面に溜まる白っぽいもの)は細菌のかたまりのため、これらが溜まっていると、歯周病や虫歯になりやすいのはもちろん、口臭のもとにもなります。

歯のかぶせ物が古くなって隙間ができている場合も、歯垢や歯石が溜まりやすくなるため注意が必要です。

●プラスチックの人口歯

入れ歯などに使われるプラスチックの人口歯は、臭いを吸着しやすいので、毎日掃除し消毒する必要があります。

●ドライマウス

口の中が乾くドライマウスも唾液が減少し、細菌が増えるため臭いが発生。

ドライマウスは、腎機能の低下、高血圧症、パーキンソン病、膠原病、難病のシェーグレン症候群などのほか、薬の副作用でも起こるとされています。

気にしすぎによる「心理的口臭」

ただし気をつけたいのが、口臭を気にしすぎること。

実際に口臭がないのに、口臭があると思い込んでしまう「心理的口臭」もあります。

ひどくなると、自臭症という精神疾患に。

自分の口臭を気にして、人と話せない、重度になると外出もおっくうになると生活に支障が起きる場合もあります。

こういった場合は、心のケアも必要になりますので、精神科医に相談しましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと