ある特定の学習分野の能力のみが困難になる学習障害(LD)。

学習に限定された障害のため、学校が始まるまで気づかなかったり、苦手分野だと思い込んでいて、大人になってから診断を受ける人もあります。

症状などの特徴をご紹介します。
学習障害 LD(発達障害)の種類と特徴‐大人になるとどんな支障がでる?

学習障害(LD)には読み、書き、算数の苦手分野が

発達障害のひとつである学習障害(LD)。

知的障害はありませんが、話す、聞く、書く、読む、計算するといった能力のうち、ある特定のものを身に着けたり使用したりするのが難しくなる障害です。

全体的に問題はないものの、ある特定の能力だけが極端に低いというのが、学習障害(LD)の特徴です。

本格的な学習に入る小学生頃まで障害に気づくのが難しい障害といえます。

学習障害(LD)の症状は、「読む能力はあるけど、書くのが苦手」など。

脳の中枢神経系の機能になんらかの障害があることが原因とされていますが、具体的にはわかっていません。

親族に学習障害の人がいると発症率が上がるため、遺伝的素因が強いとも考えられています。

学習障害(LD)の種類は主に下記の3つ。

◯読字障害

学習障害(LD)と診断された人の中で一番多くみられる症状。

読字障害があると、関連する「書く」という能力も困難を感じることが多い。

◯書字表出障害

文字を正確に書いているつもりなのに、鏡文字になってしまうなど、文字を書くという動作が困難。

文字が読めるのに書けない場合もこれに分類されます。

◯算数障害

基本的な数字や計算式で使う記号を認識するのが困難で、考えて答えを出す推論が苦手。

算数の学習を始めてから障害に気づく人がほとんどです。

大人の学習障害(LD)は、職場で理解されないことも

学習障害(LD)は、発達障害のなかでも判断が難しい障害です。

苦手分野の以外の知的能力に問題がないことが多く、学校で習う読み書きや計算は、ほとんどの子が初めて習うもののため、障害がなくても学ぶのに時間がかかる子もいます。

本格的な学習をする年齢になるまで、苦手な教科と判断され障害に気づかないこともあります。

最近では、大人になってから学習障害(LD)と診断を受ける人も少なくありません。

大人の学習障害(LD)とは、職場で業務やルールを学ぶのが困難といったもの。

仕事の覚えがとにかく悪く、一生懸命やっているのにもかかわらず仕事が終わらないなどの困難に直面します。

周囲からはやる気がないように見えてしまい、上司や先輩から何度も注意を受けたりすることも。

本人の自尊心が失われる前に、診断を受けることが必要です。

学習障害(LD)と診断されたとしても、時間をかければ通常のレベルまで回復できることが多く、本人が苦手なものに粘り強く取り組めるかどうか、職場の人など周りが障害を理解してくれるかがカギとなります。

ちなみに、映画監督のスティーヴン・スピルバーグ氏は、自身が読み書きが何倍も遅い学習障害であることを公表しています。

自分の苦手とする分野があまり重要でない職業を見つけることができれば、学習障害(LD)の人でも自分の特性を生かし、実力を発揮できる可能性が十分にあります。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと