急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。

原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。
その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

生理機能がうまく操作できない 自律神経失調症とは

私たちの体に備わっている自律神経は、体を無意識にコントロールする神経器官。呼吸や血管の血の巡り、内臓、ホルモン分泌、発汗などが自然に起こるのも自律神経のおかげ。

眠っていても生命を維持できるのは、自律神経の働きによるものです。

自律神経には、副交感神経と交感神経という2つの神経があり、これが交互に働いて、人の体をスムーズに動かしています。

この2つのバランスが乱れると、体の機能を正常にコントロールできなくなります。これが、自律神経失調症です。

実は、病院で検査しても不調の原因を見つけることは非常に難しいのが現状。

そして病気のように聞こえますが、これは診断名で、いろいろな検査をしても特に異常が見つからない場合につけられます。

かといって、気力が弱いなどと簡単に原因を精神力の弱さに結びつけるのも誤った考え方。

要因が複合的に絡み合って、症状が発生しているのです。

めまい、だるさ、冷えなどの症状が起こる

自律神経失調症で起こる症状は、めまい、だるさ、ほてり、冷えなどです。

こうした体の体温調整がうまくできない症状が起こるのは、血管を広げたり縮めたりを調整しているのも自律神経だから。

また、ストレスにより体が緊張状態になると、激しい運動をしていないのにドキドキしたり、息切れすることがあります。

特にきっかけもなく、突然始まるのが特徴です。

お腹が張ったり、便秘や下痢になることも症状のひとつ。

女性ホルモンのバランスが乱れ、月経不順や不妊になることもあります。

こうした症状が出るにもかかわらず、直接的な要因は解明されていません。

ただ、体質や生活習慣が深く関係しているというのはわかっています。

例えば、疲れやすい、冷え性、血圧が低い、寝起きが悪い、食べても太らないといったことが当てはまる人は自律神経失調症になりやすいのです。

もともと自律神経が乱れやすい下地を持っているので、環境の変化などですぐに自律神経のバランスを崩し、自律神経失調症を起こすのです。

自律神経が乱れやすい性格や生活習慣ってあるの?

また、仕事などで強いストレス下にいる人も自律神経失調症になりやすくなっています。

自律神経は、脳の視床下部が操作しているもの。

ストレスは脳の大脳皮質で受け取られ、その情報が視床下部に伝わって、ストレスへ対抗するため体への指令が出されます。

これが頻繁に起こる、すなわち常にストレスに常にさらされている状態だと、この反応が過剰になり、自律神経失調症の症状として現れるのです。

性格的には、まじめ、完璧主義、几帳面、神経質な人も自律神経のバランスを崩しやすい傾向にあります。

こういった人は、人からの頼みを断れない、無理をして人に合わせることが多く、その結果ストレスを溜め込みやすいためです。

そして、昼と夜の逆転の生活をしている人も注意が必要です。

自律神経の交感神経は、昼間に活発になり、夜は副交感神経が優位になるように組み込まれています。

それが、昼夜逆転した不規則な生活をしていると、この切り替えがうまくいかなくなり、自律神経のバランスが乱れます。

さらに女性の場合、50歳前後の更年期も自律神経失調症になりやすい時期です。

この時期は、卵巣機能が低下するため、女性ホルモンの分泌が不安定に。

すると、ホルモンの分泌をコントロールしている視床下部が、不足しているホルモンを補おうと、過剰に指令を出します。

更年期にホルモンが低下するのは正常なことですが、視床下部が補おうと過剰に働きすぎ、その影響で自律神経のコントロールがうまくいかなくなる結果、自律神経失調症の症状がでるのです。

自分なりのストレス発散法を身に付けて

自律神経失調症はストレスに大きく影響されます。

ストレスをなくすことは、難しいものですが、うまく気分を切り替える方法を身につけると予防になります。

例えば、仕事と休日のオンオフをはっきりさせる、没頭できる趣味をみつけるなど。

また、軽い運動を生活に取り入れるのもストレス解消にはおすすめです。

外を15分程度散歩するだけでもストレス発散になります。

そして、香りはリラックスに効果絶大。

夜、湯船に好きなアロマオイルを入れ、ゆっくり浸かってから眠ると深く眠ることができます。

仕事でどうしても不規則な生活になってしまう人は、極力、起床と入眠の時間を整えましょう。

遅いシフトでの出勤でも朝、早めに起きるようにして、少しずつ整えていくのがおすすめです。

朝日を浴びることは体内リズムを整えるのに非常に有効です。

はじめは辛いかもしれませんが、まず3日連続で行えば体が慣れてきて、次第に早く起きられるようになります。

一つひとつは小さなコツですが、こうした積み重ねが、自律神経失調症の予防につながります。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと