梅雨の時期は、肩こりや頭痛、むくみなどの身体の変調、あるいは、気分の落ち込みに悩まされる人が多いのではないでしょうか。

その原因の一つといわれているのが「気象病」。

低気圧が日本にとどまることで、心身に影響を与えているのです。

どうして「気象病」は起こる?

気象病とは、気象の変化によって引き起こされる心身の病気をいい、メニエール病や喘息、リウマチなど気象を原因として持病が悪化するケースも含まれます。

心筋梗塞や脳出血の要因になることさえあるとされています。

「お天気が悪くなると古傷が痛む」ということもよく聞きますが、それも気象病といえるようです。

中でも低気圧は、気象病の要因となる代表的なもの。

気圧が低くなると、大気で押されていた力が弱まることになるので、身体が膨張します。

それにより血流やリンパの流れに勢いがなくなり、肩こりやむくみなど身体の変調につながるのです。

偏頭痛は、低気圧によって膨張した血管が脳を圧迫することによって引き起こされます。

また、気圧の急激な変化に身体が対応しようとして自律神経のバランスが乱れ、うつ状態が起こることもあります。

気候の変化に左右されない生活を

では、さまざまな心身の変調をきたす気象病の症状をやわらげるには、どうしたらよいのでしょうか。

やはり、大切なことは血流を良くすること。

蒸し暑い季節でもシャワーで済まさずに、38~40℃位のぬるめのお湯にゆっくりと入りましょう。

血行の流れをよくするとともに、リラクゼーション効果が得られます。

精神的にリラックスできれば、副交感神経が優位な状態に切り替わりやすくなり、自律神経のバランスも整えられます。

気圧や気温の変化によって、身体に負担が掛かりやすい時期なので、充分に睡眠をとって身体を休めることも心がけたいものです。

身体を冷やさないようにすることも大切で、冷房が効いたオフィスなどでは、薄いカーディガンを着用する、腹巻をする、靴下を履くなどしましょう。

日常生活に気をつけるだけで、気象病といわれる症状も緩和され過ごしやすくなります。

体調を崩しやすいこの季節は、無理をせずにしっかりと休養することが大切です。

(編集・制作:いまトピママ)