子育て経験を活かせる仕事として主婦の就業関心も高まっている子育て支援員。

そこで今回は、資格取得方法や仕事内容について解説します。

子育てサポートや地域貢献に興味のある方もぜひご覧ください!

子育て支援員とは?

子育て支援員は、主に「育児経験のある主婦」を中心に、子育ての仕事を担うために国が2015年にスタートさせた制度です。

核家族化が進んで共働きの家庭も増えている現代では、育児と仕事の両立に悩む人も増えていますよね。

そのため、さまざまな保育サービスの拡充が求められており、保育士以外にも適正人材を確保することが必要とされています。

そんな保育サービスの新たな担い手となる「子育て支援員」は、各自治体が開催する全国共通の研修を受講し、修了することで正式に認定される民間資格です。

どんな人が子育て支援員になれるの?

地域の子育て支援に貢献したいという意欲のある方なら、各自治体が行っている20時間前後の研修を受講すれば、気軽に資格を取得することが可能です。

厚生労働省によれば、「保育や子育て支援などの仕事に関心を持ち、地域で保育や子育て支援分野の各事業などに従事することを希望する方、又は従事している方」を対象としています。さらに、以下のような方にもおすすめといえるでしょう。

主婦としての育児経験を活かした

保育の補助や育児相談など、子育てに関する仕事は幅広くあります。

その点、育児経験が豊富な主婦にはとくに即戦力としての期待が集まっているといえるでしょう。

「自分の育児経験を通して地域貢献してみたい」という方にはチャレンジする価値ありの仕事といえますね。

将来、保育士の仕事がしたい

保育士の資格取得を目指す方にとっても、子育て支援員で現場経験を積むことは大きな財産になるのではないでしょうか。

支援員として実際に保育の現場業務に携わることで、実体験に基づく知識や技術を向上させることが可能でしょう。

保育士とは違うの?具体的な仕事の内容は?

保育士は国家資格であるため、専門知識の習得をした後に国家試験をパスしなければならないのに対し、子育て支援員は各自治体が開催する研修(全国共通内容)受けることで認定され、資格を取得することが可能です。

受講費は無料というところが多いですが、自治体によって多少の違いがありますので事前に確認してみてください。

比較的短時間・無料で資格が取れる点も、主婦にはありがたいメリットといえますよね。

認定後は、全国共通で就業可能となり、主に小規模保育・家庭的保育・放課後児童クラブ・事業所内保育・児童養護施設等での職員や保育士のサポート業務が中心となります。

子育て支援員になるためのプロセス

それでは、子育て支援員になるためのプロセスについて解説しましょう。

1.都道府県、市町村等の実施自治体への研修申し込み

自治体ホームページ等をこまめにチェックして、申し込み方法や研修期間、内容等の詳細を確認しましょう。

時期によってはすでに締め切っている場合もありますので、次回募集について気になる場合は問い合わせてみることをおすすめします。

2.研修受講

研修は、各事業に共通する内容の「基本研修」と、特性別に専門的な内容を学べる「専門研修」によって構成されています。

「基本研修」の内容

基本研修では、子育て支援員としての自覚、役割理解、子どもへの関わり方等、基礎的な知識や原理、技術を習得します。

具体的な内容として、「子ども・子育て家庭の現状」「子どもの発達」「保育の原理」「子ども虐待と社会的養護」等が挙げられます。

「専門研修」の内容

専門研修には以下4つのコースがあり、特性に応じて選ぶことができます。

これらは基本研修で学んだことをベースにしてさらに専門的な内容を習得できるよう構成されており、自分だけの子育て経験や価値観に縛られず、変化する子育て環境への理解や安全・安心への意識、利用者の視点に立った支援等について学ぶことができます。

【放課後児童コース】
学童クラブなど、共働き等で親が家庭にいない児童に対して放課後の場を提供する業において、児童支援員の補助業務を目指す方向けのコースです。

【社会的養護コース】
児童養護施設において職員の補助業務を目指す方向けのコースです。

【地域保育コース】
家庭的保育や小規模保育所、事業所内保育を始め、一時預かりや企業主導型保育事業等での地域保育の仕事を目指す方向けのコースです。

【地域子育て支援コース】
育児相談や親子交流、利用者支援等、地域の子育て支援施設での仕事を目指す方向けのコースです。

3.無事終了し、認定へ!

すべての研修を修了すると、修了証書が発行されます。

これで晴れて子育て支援員として認定されたことになるのです。

子育て支援の分野は幅広く、活躍の場も多岐に渡ります。

仕事への意欲と愛情をもって

子育て支援員としての認定を得たら、あとは自分の生活リズムや就業のための条件を考慮して、条件に合う仕事を探してみましょう。

求人サイト等にも「子育て支援員の求人」を見つけることができますね。

そしてめでたく業務に就くことができたら、ぜひあなたが培ってきた子育て経験や、地域貢献への意欲と愛情をもって、取り組んでみましょう。

自分の提供する力が小さな命を育み、大人も子どもも笑顔で暮らせる地域づくりに役立つのだと考えると、子育て支援員の仕事はあなた自身にも大きなやりがいと誇りをもたらしてくれるのではないでしょうか。

そしてそこで得る経験や喜びは、きっとかけがえのないものになりますよ。

(文・なかたり)