家庭という密室で行われる暴力。それがDVです。

今回は、DVの仕組みやそこから抜け出せなくなってしまう理由、そして、そんなDVから何とか抜け出す方法についてお伝えしたいと思います。

DVとは

ドメスティックバイオレンスを略してDVと呼ばれています。

日本では「配偶者や恋人など密接な関係にある、またはあったものから振るわれる暴力」という意味で使われています。

被害者の多くは女性ですが、男性が被害者の場合もあります。

DVの種類

DVには3つの種類があります。それぞれの特徴と具体的な例を以下に挙げました。

身体的DV

殴ったり蹴ったりするなど目に見える形の暴力です。

例)

  • 平手で打つ
  • 足でける
  • 刃物などの凶器を身体に突きつける
  • 髪をひっぱる
  • 首をしめる
  • 腕をひねる
  • 引きずりまわす
  • 物を投げつけるなど

精神的DV(経済的DVを含む)

言葉等により相手の心を傷つけるもの。

精神的な暴力についてはその結果、PTSDに至るなどの強い精神障害に至れば刑法上の傷害罪になることもあります。

例)

  • 「だれのおかげで生活できるんだ」「かいしょうなし」などと言う
  • 実家や友人とのつきあいを制限したり、電話や手帳を細かくチェックしたりする
  • 何を言っても無視して口をきかない
  • 人の前でバカにしたり、命令するような口調でものを言ったりする
  • 大切にしているものをこわしたり、捨てたりする
  • 生活費を渡さない
  • 外で働くなと言ったり、仕事を辞めさせたりする
  • 子どもに危害を加えると言って脅す
  • 殴るふりや物を投げつけたりしておどかすなど

性的DV

嫌がっているのに性的行為を強要する。夫婦だからと言って、暴行、脅迫を用いた性交が許されるわけではありません。

例)

  • 見たくないのにポルノビデオや雑誌を見せる
  • 嫌がっているのに性行為を強要する
  • 中絶を強要する
  • 避妊に協力しないなど。

DVのメカニズム

DVには一定のサイクルがあり、貯蓄期・爆発期・開放期(ハネムーン期)の3つを循環していきます。

貯蓄期

次の爆発期に向かって内面にストレスを貯める時期。

自分の身の回りの状況や相手をコントロールしたい、支配下に置きたいという願望が満たされずストレスを貯めています。

開放期の後に些細なことに怒ったり、ピリピリ神経質になったりする期間です。

爆発期

貯めこんだストレスの限界がくると暴力が始まります。予測は困難で大変危険です。相手や自分の身の回りの状況が思い通りにならないストレスを発散しています。

そしてこれからも自分の思い通りに相手をコントロールできるように恐怖心や無力感を植え付けている時期です。

開放期(ハネムーン期)

暴力によってストレスが発散された状態です。

ストレスが発散されたことにより優しくなってプレゼントを買ってきたり、「自分が悪かった」と謝ったりします。

そして次の暴力に向かってストレスを貯めこむ貯蓄期に移行していきます。

DVから抜け出せない理由

もともと好きな相手

好きで一緒になった相手ですから、「立ち直ってほしい」「暴れる時は異常でも、本当は優しい人」、「悪いのは暴力」、「私がそばにいなければ」などと自分に対する言い訳を作り、ずるずると一緒にいることになってしまします。

異存

暴力への恐怖の興奮状態と優しさによる安定状態が交互に来ることで被害者にも精神的な依存状態が生まれます。

自分では、この依存状態になかなか気付くことができないのですが、知らず知らずのうちに、DV加害者と被害者の共依存関係が出来上がっていくのです。

麻痺・無気力

段々とエスカレートする暴力に対し、感覚が麻痺してしまうことがあります。

冷静に考えれば、とてもつらい状況で、すぐにでも逃げだすべきなのですが、つらすぎて現実を直視できなくなります。

そんなことが続いていくうちに、「私が耐えればいいんだ」と無気力感が襲い、脱出をあきらめてしまうのです。

DVから抜け出すために

DV加害者に直接抵抗、抗議はやめましょう

加害者は精神的に未熟なことが多いので、どんなに正しいことを言っても伝わらないことがほとんどです。

そればかりか暴力をエスカレートさせてしまう可能性があり危険です。

専門家への早期の相談

DVは、何よりも専門家への相談が一番です。DVに対して無気力になってしまう前に、近隣の相談窓口や施設などを利用しましょう。

①安全な生活確保のために

  • 相談先:警察、配偶者暴力支援センター、婦人相談所、福祉事務所、保健所、精神福祉保健センター
  • 避難先:配偶者暴力相談支援センターの一時保護、民間シェルター、母子生活支援施設、婦人保護施設

②法的手続きのために

  • 法テラス:無料の法律相談や弁護士の依頼ができます。収入によっては弁護士費用が免除になることもあります。
  • 地方裁判所:保護命令を申し立てるという方法があります。
  • 家庭裁判所:離婚調停の申立てができます。

③自立生活促進のために

  • 社会福祉制度の利用:市区町村役所の各窓口(生活保護・児童扶養手当・生活福祉資金の貸付・母子生活支援施設など)
  • 仕事:ハローワーク(ひとり親のための専門窓口もある)

まとめ

暴力は、家族の中で連鎖するといわれています。

暴力夫の背中を見て育った子どもは、暴力に対する抵抗感がなくなったり、暴力によってストレスを発散することを学習します。

また、配偶者の暴力が子どもに向いてしまうこともあります。

自分ひとりで何とかしようと思っている間に手遅れになり、家族全体が不幸に陥るということがないよう、勇気をもって第三者を頼っていただければと思います。

専門家:小泉 道子■専門家プロフィール:小泉 道子
離婚テラス(相談機関)」及び「 家族のためのADRセンター(法務省認証機関)」代表。家裁勤務経験をいかし、悩めるご夫婦の仲裁役として奮闘中です。