離乳食っていつ始めればいいの? 何をどんな風に食べさせればいいの? 赤ちゃんは食べてくれる?

疑問や不安がいっぱいわく、初めての離乳食。

ポイントを押さえれば、離乳食生活をスムーズに送ることができますよ。注意点や始め方などについてご紹介します。

離乳食を始めるタイミングは?

離乳食を始める目安は、生後5~6か月頃。アトピーやアレルギーなどの発症リスクを抑えるためにも、この時期にスタートするのがよいといわれています。

また、赤ちゃんの様子も参考になりますよ。

首がしっかりと座っており、よだれが多く出てきたり、大人が食べているものをじっと見て興味を示し始めたりするのも、離乳食を開始できるサインです。

そして、ママの気持ちも大切です!

初めての育児で大変な思いをしているのに、その上離乳食を始めると思うと、ストレスがさらにかかってしまうママもいるかもしれません。

そのため、「5か月になったからすぐに始めなきゃ」と焦るのではなく、ママの気持ちや赤ちゃんの様子を考慮しながら、離乳食をスタートしましょう。

私の場合、一人目のときは生後5か月を少し過ぎてから始めましたが、二人目のときは二人の子育てで大変だったので、生後6か月位から始めました。

離乳食の始め方

何を食べさせる?

最初のうちは消化の良い食べ物を食べさせます。

初めて与えるものは、お粥が推奨されています。

そして、にんじんやかぼちゃ・じゃがいも・ほうれん草など、徐々に食べられる食品を増やしていきましょう。

お粥自体は柔らかく消化が良いものですが、今までミルクや母乳しか飲んでいなかった赤ちゃんは、粒々を嫌がることが多いです。

私の子どもたちも同様で、すり潰しが甘く米粒の形が残っていたら、はじめのうちは「べーっ」と全部出されていました……。

なので、お粥でもお野菜でも裏ごしたりすり潰したりなどして、なめらかなペースト状にして食べさせるのがおすすめです。

注意点は?

  • 離乳食の注意点をいくつかご紹介します。
  • 初めて食べさせる食材は小さじ1杯から(アレルギー反応が出るかもしれないので)
  • 初めての食材は、1日に1品のみ(アレルギー反応が出た場合、どの食材に反応したのか判別しやすいため)
  • 作り置きしたものを与える場合は、再加熱してから与える(殺菌する)
  • 1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えない(乳児ボツリヌス症にかかることがある)
  • 基本的に味付けはしない(味覚を育てるため)

10倍粥の作り方


10倍粥とは、お米の体積の10倍(重さの12倍)の水で炊くお粥です。

米から炊く場合と、ご飯から炊く場合の作り方をご紹介します。

材料はお米(もしくはご飯)と水だけです。

お米から作る場合

米大さじ1に対して水150ccを用意します

  1. お米を研ぎます。
  2. 鍋に研いだお米と水を入れて中火にかけます。
  3. 水が沸騰したら蓋をして、極弱火にして25分~30分加熱します。
  4. 炊き上がったら、すり鉢ですり潰す、ブレンダーにかけるなどして、なめらかな状態にします。

ご飯から作る場合

ご飯100gに対して水490ccを用意します

  1. ご飯と水を鍋に入れて、鍋の中でご飯の塊をバラバラにします。
  2. 中火にかけます。
  3. 水が沸騰したら蓋をして、極弱火にして約20分加熱します。
  4. できあがったら、すり鉢ですり潰す、ブレンダーにかけるなどして、なめらかな状態にします。

献立例

離乳食初期は料理というよりも、お粥を作り、野菜を茹でて、それぞれをペースト状にするだけの作業です。

献立は、ペースト状のお粥と家にある野菜の組み合わせでOKですよ。

食べられる野菜が増えてきたら、1回の食事で複数の野菜を食べさせるようにしましょう。

本当に味付け不要?と思われるかもしれませんが、実際に食べてみると野菜本来の甘味がしっかりとあるんです!

ゆで汁を飲んでみても、野菜のだしが出ていて意外と美味しいんですよ。

大人は濃い味に慣れてしまっていますが、赤ちゃんはそうではないので、自然のうまみや甘さで十分なのです。

もし変化をつけたいのであれば、昆布出汁を使うなどすればいいかもしれません。

頑張りすぎないで!

子どもに毎日食事を作るというだけでも素晴らしい事です。簡単でもいいんです。

作り置きする場合は、製氷皿や小さめの保存容器を使うと便利ですよ。

私は100円ショップで購入した容器を使っています。

また、ペースト状にするには、ブレンダーやミキサーが断然便利!!

少し高価な買い物になりますが、購入する価値があります。

楽できるところは楽をして、離乳食ライフを楽しんでくださいね。

(写真と文・Mio)