子どもへお小遣いを渡し始めるタイミングと金額には、随分と悩みました。お小遣いをあげる一番の理由は、子どものうちからお金の使い方を考えてほしいから。結局、小1からお小遣い制をスタート。どのような考え方で、どの程度の金額を渡しているのかご紹介します。

子へのお小遣いを毎月渡すことにした理由

子どもへのお小遣いをどうするか考え始めたときに、最初に思い浮かんだのは自身の経験でした。私は、祖父母に会うとお小遣いをもらう機会が多く、物心ついた頃からそれがお小遣いに。親からお小遣いをもらったのは修学旅行のときぐらいです。金額的には、同級生と比較して、たくさん持っていたほうだと思います。でも、お小遣いを気兼ねなく使える環境ではありませんでした。少なくとも「これ買ったの!」と親に見せられる雰囲気ではなかったです。計画的に貯金する家庭で育ったという背景もあったのでしょう。お小遣いを使うことが後ろめたいという気持ちがずっとありました。

一方の夫は毎月決まった金額をもらい、お金が貯まると漫画雑誌を買っていたとか。本当は毎週買いたかったそうですが、毎週買うには足りない金額だったようです。

こういった親自身の経験を夫婦で話し合い、子どもには、お金を使う楽しみと貯金をする大切さの両方を身に付けてほしいという考えで一致。最終的に、年齢に応じて決まった額を決めたタイミングで渡すことにしました。

お小遣いの金額の決め方は? 小1から中1まで

夫は、小学校の高学年でCDのシングルが月に1枚買える程度、中学生ではアルバムが1枚買える程度という基準でお小遣いをもらって育ち、我が家もこの基準を参考にしました。

具体的には、小5から毎月1日に1,000円、中1からは毎月1日に3,000円に加えて終業式の日に2,000円を渡しています。中学生になり、長期休暇中は友達と買い物に出かける機会が増え、その都度もらう派の子は5,000円程度持っていると聞き、終業式の日に少しプラスすることにしました。

そして小1から小4までは、毎週月曜日に100円という約束です。この4年間は、お小遣い帳をきちんと付けて、月曜日にそれを見せることと引き換えというルールで運用しました。計算が合わず1時間以上お小遣い帳と格闘していたことも……。ただ、小学生のうちは子どもだけで買い物に行く機会はほとんどないので、あまり積極的に使うという感じではありませんでした。

親が見る限り、お小遣いで何かを買う楽しみを見つけたのは、中学生に入ってからです。ファッション誌や可愛い文房具、洋服を買ったり、友達とお揃いのカバンを買ったり。中1の夏休み頃までは、月末を待たずにお小遣いがなくなっていたようです。でも次第に、今月は友達と遊びに行くからお小遣いを貯めておこうなど、少しずつ計画的に使えるようになってきました。

子どものお小遣いに関して親が気を付けていること

親から見ると、正直、「無駄遣いして」と言ってしまいそうなこともあります。でも、何を買うかは子どもの自由。口を出さないように気を付けています。1万円札が財布に入るようになるまでに、失敗もしながら学んでほしい、それが私の願いです。

そして、もう一つ、お年玉や臨時収入は、基本的に貯金する約束にしています。「えーっ!全部貯金なの!」と本人は不満そうですが……。貯金したタイミングで子どもに通帳を見せ、コツコツと貯めてきたからこその金額であること、大学に進学したときにかかる費用はどの程度なのかという話をする機会を作っています。あまりピンとはきていない印象ですが、一緒に通帳を見て話をする時間は今後も大切にしていきたいことのひとつです。

お小遣いの渡し方に正解はない! 渡す理由だけ明確に

子どものお小遣いについては、家族で何度も話し合い、今の形になりました。環境によっても、必要な金額は変わってきますので、正解はないのでしょうね。ただ、親自身が何を目的に子どもにお小遣いを渡すのか、その理由だけはブレないことが大事だと考えています。

(文・奥地美涼)

この記事は2019年2月に執筆されたものです。