やむを得ない義母や義父との同居。夫婦ですら一緒に暮らしていて不満が出てしまうのに、嫁姑の関係で不満無しに同居していくのは無理に近いですよね。自分の時間を確保しながら、同居を乗り切る方法をご紹介します。

義母との同居を乗り切る方法とは?

ここ近年では、核家族化がすすんでいると言われており、結婚後に義父や義母と同居している世帯や、三世代以上の世帯は減ってきています。(核家族とは、夫婦のみの世帯や、夫婦とその子供の世帯、ひとり親とその子供の世帯のことを指します)

少数派だからこそ、悩みを相談できる人や不満に共感してくれる人がなかなかいませんよね。特に嫁姑間の問題は、大なり小なり抱えるものです。しかも同居していればなおさらのこと。
義母との同居を乗り切るおすすめの方法は、以下の5つ!

  1. 仕事をする
  2. 夫からのフォローしてもらう
  3. 習い事をする
  4. 義母に習い事などをすすめる
  5. 自分へのご褒美を用意する

それぞれの方法について、これから詳しく説明します。

仕事をする

専業主婦の場合、四六時中義母と同じ空間にいることになるでしょう。まずは自分の時間を確保することが大事です。そのために、「働く」という選択をしてみてはいかがでしょうか。「仕事」という予定があれば、義母がついてくることもなく、家を出やすいはずです。短時間でも仕事の時間を作れば、収入も得ることができますし、義母のいない時間も手に入れることができますよ。

注意点

働く場合の注意点は、年間の収入です。夫の扶養から外れたくなければ、収入に制限があります。夫と相談して、仕事の内容や働く時間を決めてくださいね。

夫からフォローしてもらう

嫁である自分から義母へ、直接不満やお願いはしにくいものです。そんな時は夫の力を借りるのが一番。同じことを伝えるにしても、嫁であれば角が立ってしまうことでも、実の息子からだとすんなり受け入れてもらえる場合があります。

注意点

誰に対してもそうですが、誰かに何か(特にネガティブなこと)を伝えるときは言い方に気をつけなければ余計に事を荒立てることになってしまいます。夫にとって義母は実母です。そのため、夫に義母について話す時も、悪口を並べ立てるような言い方をしてしまうと、夫も気分はよくありません。最悪の場合、夫婦喧嘩に発展してしまうおそれがあります。また、夫から義母へ伝える際も、伝言ゲームのように「嫁がこう言っていた」とそのまま伝えてしまっては、夫の意味がなくなってしまいます。どんな風に言ったら、夫が気持ちよくフォローしてくれるのか、どんな風に義母に伝えてもらったら角が立たず、いい方向に向かうのか、よく考えながら言葉を選ぶことが大切です。

習い事をする

これは先に述べた「仕事をする」と同様、自分の時間を作るための方法です。最近では、大人向けの習い事がたくさんあります。

  • 料理が好きな人や、料理の腕を上げたい人→料理教室など
  • 日本の文化を学びたい→茶道、華道など
  • 字を綺麗に書けるようになりたい→書道など
  • 着物が好き→着付け教室など
  • 身体を動かす事が好き→スポーツジム、ダンス教室、ゴルフレッスンなど
  • 写真を上手に取りたい→写真教室など
  • 音楽が好き→ピアノ教室など

このように、自分の好きなこと、スキルアップしたいことを見つけて、習い事をすれば気分転換にもなりますよね。また、習い事の場で新たに友達の輪ができるかもしれません。

注意点

習い事をするには、月謝などのお金が必要です。また、月謝以外にも習い事で使う道具などを購入する必要があるかもしれません。家計と相談しながら決めていきたいですね。また、義母も一緒に同じ習い事に通ってしまったら、意味がありません。あえて、義母の興味のなさそうな習い事を選択するのも一つの手です。

義母に習い事などをすすめる

義母に習い事をすすめるのもいいかもしれません。義母が習い事に出かけている間は、自宅でゆっくりできます。習い事を始めることにより、義母にも友達ができ、義母が自宅を空ける機会も増えるかもしれませんね。

注意点

義母が出かける機会が増えるかもしれませんが、送迎などの仕事も増えるかもしれません。また「邪魔者扱いされている」と思われないように、習い事の勧め方も気を付ける必要があります。また「あなたも一緒に」と誘われるかもしれないので、そのとき用の『断り文句』を考えておきましょう。

自分へのご褒美を用意する

これは何でもいいです。自分がストレス発散できるようなこと、気分転換できるようなことです。例えば、

  • 週に1回お酒を好きなだけ飲む
  • ○○できたら、スイーツを食べる
  • 週末は一人で買い物に出かける
  • 月に一日、家事を何もしなくてもいい日を作る
  • 観劇や映画を見に出かける
  • エステに行ってリラックスする

など、ちょっとしたご褒美が良いでしょう。このご褒美を設定すれば、それを目標に頑張れそうですよね。また、負担の少ない”ちょっとした”ご褒美にすることで、夫や他のご家族の方からも賛同を得やすいはずです。

注意点

設定するご褒美が食べることや飲むことの場合、度が過ぎると体重が激増や、健康を害する危険性がありますので、ほどほどのご褒美にしてくださいね。また、勝手にご褒美を設定していると、家族から「なんで自分だけ……」と思われるかもしれないので、先に宣言して納得してもらいましょう。

無理しない!頑張りすぎない!

同居を乗り切る方法を5つご紹介しました。今まで暮らしてきた環境の異なる、義親との同居はかなりストレスがかかることでしょう。無理して身体を壊さないように、適度にストレス発散することが大事になってきます。ひとりで抱え込まないで、夫や他の家族の力も借りつつ、義母との同居を乗り切ってください!

(文・Mio)

この記事は2019年1月に執筆されたものです。