待望の赤ちゃんが生まれ、さあ子育て…と気力を充実させて臨んだものの、想像をはるかに越えた大変さに、心身ともに疲労が蓄積してしまうこともありますよね。

そこで今回は、日常生活の中でできるストレス解消のアイディアを3つご紹介します。
育児疲れで死にそう…お疲れママの癒しアイディア3つ

週1程度外出OKのママにおすすめ! 水中浮遊

週1回、数時間程度でも外出できる環境にあるなら、公共施設やスポーツクラブなどのプールにぜひ行きましょう。

平日の昼間ならさほど混雑していないことが多く、水中でのゆるゆるとした浮遊感は、疲れた心身にこのうえなく深いリラクゼーション効果をもたらしてくれることでしょう。

水圧による肩コリ解消効果や脂肪燃焼効果なども大いに期待できるので、美と健康を維持したいママには特におすすめです。

外界と切り離された水の中で、誰のためでもない、ただ自分自身のためだけに、ひとときのマーメイド気分を味わってみてはいかがでしょうか。

ラグジュアリーブランドの口紅を1本、購入してみる

外出はおろか、髪や服装の乱れも直すヒマがない!という状況下であったとしても、ママであるのと同時に、ひとりの女性であることも忘れないようにしたいですよね。

おすすめするのは、口紅を1本、新しく買うということ。

せっかくなのでドラッグストアで手に入るものではなく、ラグジュアリーブランドにこだわりましょう。

フランスなどの老舗高級ブランドのコスメティックは、商品そのものの品質の高さはもとより、ブランドの重ねてきた煌びやかな歴史、店頭での丁寧な接客や、見目麗しいパッケージが特別感を引き立ててくれます。

朝の慌ただしいメイク時間、リップを塗るほんのひとときだけでも、背筋を伸ばして丁寧にラインを引き、色を唇に乗せていくという行為が毎日頑張るママの心に余裕と彩りを添えてくれるのではないでしょうか。

周囲の人々にも「あれ、今日はいつもより優しくて明るい表情」なんて思われたら、なお嬉しいですよね。

月や星、夜空の深い静寂に触れてみる

時間もお金もかけられません!という場合の手軽なリフレッシュ法として、自然を感じてみる、というのもよい方法です。

例えば夜、ほっと一息つく時間に窓の外を少し見上げてみましょう。

青白い満月、無数に煌めく星…。夜の吸い込まれるように深い闇は、心に静寂をもたらしてくれることでしょう。

インターネットで検索すれば、流星群を見られる日時や場所なども載っているので、そういった情報を探してみるのも一興です。

雄大な自然の営みに触れることで、自分の日常が少しだけ客観的に見ることができたり、気持ちの切り替えができたりと、心と体を休める効果も期待できます。

自分のためだけに過ごすひとときを忘れないで

以上、3つご紹介しましたが、ストレスを解消するために大切なのは、「誰のためでもなく、自分のためだけ」に過ごせる時間や場所を確保する、ということです。

いつも十分すぎるほど家族のことを考えているママだからこそ、自分ひとりの時間は心身バランスを保つためにも不可欠なのです。

毎日頑張っている自分を、誰よりも自分自身が受け止め、褒めてあげる。

ママ友とおしゃべりをしてストレス解消、という方法も効果的手段のひとつではありますが、ぜひこの「ひとり」で過ごす時間がもたらしてくれる恩恵を忘れないでくださいね。

これからもあなたがイキイキと、輝き続けますように!

(編集・制作:いまトピママ/文:なかたり)