年収1000万円と聞いてみなさんはどんな生活をイメージしますか?

大富豪とまではいかなくても、「余裕のある生活」をイメージしませんか。しかし、実際にはそうでもありません。

年収が1000万円あっても生活に困ることがあるのです。

もっと言えば、年収が1000万円だからこそ生活に困り、ひいては夫婦関係に亀裂が入ることがあるのです…。
お金が無くて離婚?「世帯年収1,000万円夫婦の落とし穴」:離婚のスペシャリストが語る

年収1000万円の実態

年収1000万円の手取り月収

年収1000万円の人の手取りは700円台です(家族構成や扶養等の内容によって変わりますが。)。

そのうち、ボーナスが150万円だとします。そうすると、月々の手取りは45~50万円程度になります。

既に、「あれ、そんなもの?」という感じがしてきます。

年収1000万円とは言っても、月々の手取りは50万円以下であることが多いのです。

年収1000万円でどんな生活ができるか

では、年収1000万円家族の架空の家計を考えてみたいと思います。

夫   40代前半 大手企業社員
妻   40代前半 専業主婦
長男  10歳
長女   6歳

家賃     13万円
公共料金   3万円(電気代、ガス代、水道代)
駐車場    1万円
夫小遣い   5万円(昼食代込み)
食費     6万円
携帯料金   3万円(夫1万、妻1万、長男7千円、長女3千円)
外食費    2万円(毎週末、5千円程度)
保険料    3万円(夫婦、子どもの学資保険)
長男の習い事 3万円(塾2万円、スイミング5円、英語5千円)
長女の習い事 2万円(バレエ1万円、公文1万円)
生活雑貨費  3万円

ここまでで既に44万円です。月収のリミットに近付いています。

しかし、もう一度家計の内容を見てみてください。どれも目立って贅沢だと感じるものがないと思いませんか。

13万円の家賃の家なんて、都心部では大した家は借りられません。夫の小遣いだって平均的な3万円という金額よりやや多いものの、それでも5万円です。

外食費の2万円だって、大したことありません。

そして、この家計の中には、長男や長女の学費や妻の小遣い、医療費や被服費など、まだまだ必要なものが入っていません。

しかし、既に月収のリミットに近付いていますので、ボーナスで賄うしかないのです。

年収1000万円夫婦が不和に陥る理由

妻のプチ贅沢と夫の締め上げ

多くの妻は、夫の年収が1000万円あれば「少しは贅沢な生活ができるかも。」と感じることでしょう。少なくとも、節約した質素な生活をしようという気にはなりません。

例えば、ママ友とのお付き合いの場でもプチ贅沢やちょっとした見栄が顔を出します。ランチ会では1000円ではなく1500円のセットを注文します。

子どもがお友達の家に遊びに行くとなると、スナック菓子ではなく、焼き菓子を持たせたりします。

また、子育てのストレスも解消しなければなりません。子どもが寝静まると、子どもや自分の服のネットショッピングに精を出す人もいるかもしれません。

そんな生活をしていると、もちろん、貯金はできません。そして、それに気付いた夫が、妻に対して家計を見直すよう言います。

それでも状況が改善しないと、そのうち「これからは家計は自分が管理する。君には15万円を渡すので、それでやりくりしてほしい。」と言い出したりします。

妻としては、「年収1000も稼いでおきながら、家計にうるさく口出しし、挙句の果てには生活費も満足に渡さないなんて、ひどい夫だ。」と言いたくなります。

一方、夫は、「専業主婦の妻は経済観念がなく、うちは金持ちだと誤解して浪費を続けている。」となります。

生活をすることはお金を消費することでもあります。ですので、お金で揉めだすと、四六時中、夫婦喧嘩が絶えなくなるのです。

夫のプライドと妻の地位の低下

一方、夫の方はどうでしょうか。

年収1000万円でも贅沢はできないなんて書いていますが、それだけ稼げる人は一握りです(国税庁の調査だと25人に1人程度のようです。)。

ですので、夫はやはりエリートサラリーマンということになり、専業主婦である妻を見下しがちです。

妻に対するねぎらいや感謝の気持ちはなくなり、逆にモラハラ的な態度を取ったりして、これまた夫婦不和の原因になってしまうのです。

お金が原因で夫婦不和に陥らないために

実は、お金が原因の離婚がとても多いのをご存知でしょうか。

お付き合いをしているときは、お互いの財布は別々です。

しかし、結婚をすれば、ましてや子どもが生まれれば、好きだとか愛しているといった感情論よりも、一緒に生活をしていくパートナーとしての協力体制が大切です。

まずは、家計について夫婦で話し合いましょう。

どちらか一方が家計を握り、もう一方は何も知らされないのではなく、お互いが後になって文句を言えないよう、共通認識を作っておくことが大切です。

結婚も離婚も「契約」であることをお忘れなく……。

専門家:小泉 道子■専門家プロフィール:小泉 道子
離婚テラス(相談機関)」及び「 家族のためのADRセンター(法務省認証機関)」代表。家裁勤務経験をいかし、悩めるご夫婦の仲裁役として奮闘中です。