怒りの感情に振り回されている人に、怒りを我慢するのではなく、認めてコントロールする方法を紹介。

怒りは悪いものではなく人間の自然な感情

イライラして疲れたり、つい爆発して落ち込んだり…。

そんな怒りストレスに悩む人が増える中「アンガー(怒り)マネジメント」が注目されています。

アンガーマネジメントとは、70年代にアメリカで生まれた、怒りの感情とうまくつきあうための心理トレーニングのこと。

アンガーマネジメントを指導する安藤俊介さんによると、怒りは悪いものと思う人が多いですが、喜びや悲しみと同じように人間の自然な感情。

そしてアンガーマネジメントは怒りを我慢するのではなく、怒りを認めてコントロールする方法なのだそう。

怒りの感情は身近な対象ほど強くなる!

安藤さんの講座には、職場や家庭内の人間関係で生じるイライラに悩む人たちが次々やってくるそうです。

特に怒りの感情は、身近な対象ほど強くなるものだとか。

「夫だからわかってくれるはずなのに」「自分の子なのになぜ思い通りにならないの」と、期待を裏切られたと感じて、怒りが増幅するのです。

こうした怒りは、なんとか抑えようとしてもなかなかうまくいかないもの。

怒らない努力をするのではなく、上手に怒る方法を知ることが大切です。

怒りと上手につきあうワザを身につければムダなイライラが減り、自分も周りもぐんと楽に。気持ちよく毎日を過ごしましょう!

対人関係の怒りストレスを減らすテクニック

●「短く激しく」をやめ「落ち着いて」言う

イラッとすると「だから言ったでしょ!」「マジでムカつく」など、感情をストレートに表現しがち。

でもそれでは、相手にあなたの真意が伝わりません。

頭に血が上ると、内容より声の強弱で怒りを表してしまいます。

すると相手は、攻撃されていると感じ、素直に受け入れなくなります。

「短い言葉で激しく」言わず、何が問題なのかを落ち着いて表現しましょう。

あなたの望みが伝わり、相手も受け入れやすくなります。

●やってほしいことは具体的な言葉にする

共働きで大忙しなのに、夫は食器をシンクに運ぶだけで「手伝った」気になり、妻は「また私が洗うの!?」と腹が立つ。

このすれ違い、どうすればいいの?

まず自分の中で、夫に“何を、いつまでにどうしてほしいのか”を明確にすることです。

“何度言ってもわかってくれない”のは、相手へのリクエストが「手伝ってよ!」という漠然としたものでしかないから。

「休日のお皿洗いと洗濯物たたみはお願い」など、具体的に。

伝え方ひとつで相手の行動は変えられます。

●怒るときの主語は「あなた」でなく「私」

誰かに怒るときは「(あなたって)いつもこうよね!」「(あなた)何考えているの!」と、主語を相手にしがち。

するとその後は、非難の言葉になってしまいます。

相手ではなく“私”を主体とする考え方を「アサーティブ」と言い、怒りを伝えるときにも使えます。

難しく考えず、怒ったとき最初に口にする言葉を“私は”にするだけで効果があります。

たとえば貸したものをいつも返さない友人には「いつも返さないよね!」でなく「ないと私が困るので返してほしい」とすれば言いやすく、伝わりやすくなります。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと