あふれる健康情報で迷子になっている人に、やらないほうが健康になる習慣を医師が紹介。

健康情報の意外な真実

「〇〇ダイエット」や「△△健康法」など、さまざまなからだにいい情報があふれる中、「いったい何をやったらいいの〜!」とお悩みの声が。

テレビで活躍する医師・医療ジャーナリストの森田豊先生にうかがうと「体のために“やってはいけない”ことさえ気をつければいいんです」という答えが。

巷に出回っている健康情報には、正確でないものも多くあります。

それを体のためにと、ガマンしたり無理して行うことでストレスになっては本末転倒。

むしろやめた方が健康になることも。健康情報の意外な真実をお教えします。

やめた方がいい「まちがい習慣」はこれ

●野菜から食べ始めるのをやめる

食事は「野菜から食べ始めるとダイエットにいい」と聞いたことがある人は多いはず。これは血糖値の急上昇を抑えるため。

「野菜によっては、糖質が多く含まれるものもあります。ですから、実は“肉”から食べるべき。糖質を含まないうえ、最初に食べることで血糖値の上昇を抑える消化ホルモン『インクレチン』が分泌されます」。

●水をたっぷりとるのをやめる

健康や美容のためにと、無理に大量の水を飲んでいませんか?

「『水を飲んでデトックス』には、残念ながら医学的根拠がないんです」。水の飲みすぎで、ミネラルバランスを崩すことも。

●食後のウォーキングをやめる

食べすぎたからカロリー消費のためにちょっと歩いて帰ろうかな、なんてことしていませんか?

「むしろ食べた後は動かないほうがいい。胃腸への血流の流れがよくなり、消化力がアップします。逆に動いてしまうと血液が筋肉に流れるため、消化不良につながります」。

●涙をこらえるをやめる

大人になってから涙を流す回数が減っていませんか?

感動したとき、悲しいときに流れそうになった涙をこらえてはいけません。

「涙の成分には、ストレスを感じたときに脳から出てくる『副腎皮質刺激ホルモン』が含まれていると考えられています。ガマンせずに思いきり泣くことで、涙とともにストレスが流れていきます」。

体のためにやった方がいい習慣

逆に、もうやめてしまったかもしれないけれど、やったほうがいい習慣がこれ!

●「いってきます」のキスで寿命も収入もUP

新婚のころはしていたけれど、今はもうすっかり…という人もいるのでは。

毎朝キスをしている夫婦やカップルは、しない人と比べ寿命が5年も長いのだとか。

「いまさらなんて言わずに、ぜひ再開するべきです。しかも寿命だけでなく、収入が25%も高いという調査結果もあるんですよ」。

関係がヒンヤリしている夫婦も、仲良くなれるかも!? ぜひオススメいたします!

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと