歯周病は口の中だけの問題ではありません。

菌が血流で全身に運ばれ、さまざま病気を引き起こすことに。

歯ぐきトラブルは小学生から始まっている!

35歳以上の8割がかかっているとされる歯周病。

歯周病の予備軍といえる歯ぐきのトラブルは小学校高学年からすでに半数で始まっているとされ、もはや国民病といえるほど。

この歯周病が、歯を失ったり、口臭のもとになるだけでなく、さまざまな病気の原因になることがわかってきました。

菌による炎症で血糖値が上がる

歯周病では、歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」というすき間ができます。

ここに菌がたまって、排水溝のぬめりのような塊である「歯垢(プラーク)」に。

そしてこの歯垢が炎症を起こして歯ぐきの細胞が破壊され、歯周病菌が血液に侵入。

血流にのって体中に菌がバラまかれると、体のあちこちで炎症を起こすことになります。

この炎症が、血糖を下げるホルモンであるインスリンの働きを低下させ、血糖値を上がりやすくすることで、糖尿病の原因となります。

糖尿病の治療では、血糖コントロールのための口腔ケア指導が行われるようになってきました。

また歯周病菌が体内に侵入すると、これらと戦うために免疫細胞である白血球が攻撃をしかけます。

その際に武器として使う炎症性物質は、歯周病菌だけでなく、自分自身の血管の壁も傷つけ、全身の動脈硬化の原因にもなります。

そして高血圧、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化にまつわる疾患のリスクを上げるのです。

実際、大動脈瘤などの血管疾患の患者の血管壁からは、歯周病菌が高率で検出されています。

その逆に、糖尿病や動脈硬化の持病があると、唾液の質が悪くなったり歯ぐきの血流が低下することで、歯周病のリスクとなります。

全身の生活習慣病と歯周病は、相互に悪影響を与え合うので、同時にケアしたいものです。

1日2回以上歯を磨く人はがん罹患率が低い

さらにがんのリスクにも。

愛知県がんセンターによると、1日2回以上歯を磨く人は、1日1回磨く人より、がんの罹患率が3割低いという調査結果が。

膵臓がんとの関連を指摘するのは、ハーバード大学公衆衛生学のミショー博士らによる研究。

歯周病の男性は、そうでない人と比べて、膵臓がんのリスクが64%高いことが報告されています。

また、歯周病菌の中でも「フソバクテリウム菌」の一種は、食道や大腸に入り、細胞に侵入すると、がん化を引き起こすことがわかっています。

大腸がんの組織から、正常の415倍ものフソバクテリウム菌が検出されたとの報告も。

認知症との関係もわかっています。

アルツハイマー型認知症で亡くなった人の脳を調べると、歯周病菌の一種から産生される毒素が、高い頻度で検出されています。

この毒素により脳に慢性的な炎症が引き起こされることが、アルツハイマー病の誘発・悪化の一因になる可能性があると九州大学大学院歯学研究院のグループが指摘しています。

一方で、アルツハイマー病ではない人の脳からは、全く検出されなかったとの報告が。

1日1回は丁寧な歯みがきを

こうした病気のモトになる歯周病を防ぐためにやるべきことは、とにかくお口のケアをしっかりするということ。

NGなのは、大きなヘッドの硬い毛先の歯ブラシを使い、ゴシゴシ力を入れて磨くこと。

これでは歯周病の原因となる歯垢を取り残し、歯ぐきも傷めてしまいます。

歯ブラシは、ヘッドが小さめで奥歯と頬の間に楽に入るものを。また切り口は、ギザギザしたものより、平らな方が圧を均一にかけやすくなります。

ブラッシングは、何本かの歯をいっぺんにではなく、ブラシを小刻みに動かしながら1本ずつ様々な角度から磨きましょう。

歯ぐきをマッサージするように優しくブラシを当てることで、歯ぐきの血流改善にもつながります。

28本の歯をきれいに磨くには最低3分以上はかかります。

「面倒くさい!」と思う人もいるかもしれませんが、しっかり歯垢を落とさないと、お話したような病気を引き起こす原因になるのです。

1日1回は、丁寧な歯みがきを行ってください。

正しい歯みがきの方法は一度、歯科医で指導してもらうのがおすすめです。

【監修】桐村里紗先生
内科医・認定産業医。分子栄養学や常在細菌学、生命科学などの知識を活かし、執筆・講演を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか~体臭と口臭の科学』(光文社新書)他がある。ブログ『進化しましょ。』

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと