添加物を使わないから安心・安全。家庭でできる手作りドレッシングのレシピを料理家が提案。

やすい・うまい・安心安全! 自分で作ればいいこといっぱい

ドレッシングは市販品を買うのが当たり前、と思っていませんか?

手作りドレッシングは、実はとても簡単。早いものは3分でできるし、市販品よりずっと経済的で家族好みの味にもできるんです。

しかも、添加物を使わないから安心・安全。約1カ月は保存できるので、一度作ればあとはラク。

使う種類をかえるだけでサラダにバリエーションが生まれるから、いくつか作り置きしておくと便利です。

今回は、ドレッシングレシピが人気の料理家、西山京子さんのおすすめレシピをご紹介。

西山さんによると上手にドレッシングを作るにはいくつかコツがあるそう。

まず塩や砂糖など顆粒の調味料は、液体に投入すると溶けにくくなります。容器に顆粒の調味料を入れ、後から液体を注いで混ぜましょう。

また、油は最後に少しずつ注ぎながらしっかり全体を混ぜて乳化させて。

そしてオイル入りのドレッシングは時間が経つと分離するので、使う前に振り混ぜましょう。

ドレッシングはサラダにかける他、焼肉や野菜炒めのタレにしたり、パンや冷奴に合わせたりと活用の幅は無限大!

“定番のあの味”が混ぜるだけで! 基本のドレッシング3種

食卓に欠かせない定番モノは、たくさん作って冷蔵庫にストック。翌日以降は味がなじみ、より味わい深く。

●イタリアンドレッシング

玉ねぎ&にんにくのパワーが代謝をアップさせます。

・材料(約250ml分)
玉ねぎ(みじん切り)…1/4個
にんにく(みじん切り)…1片
塩…小さじ1と1/3
砂糖…小さじ1と1/3
バジル(ドライ)…小さじ1
オリーブオイル…100ml
酢…100ml
こしょう…少々

・作り方
1)ボウルに、玉ねぎ・にんにく・塩・砂糖・バジル・酢を入れて混ぜる。

2)オリーブオイルを少しずつ加えながら混ぜ、こしょうで味を調える。

●ノンオイル青じそドレッシング

青じそのベータカロテンで免疫力をアップ。ビタミンEには抗酸化作用が。

・材料(約250ml分)
青じそ…10枚
昆布…3枚(5cm角)
しょうゆ…100ml
酢…100ml
水…50ml
砂糖…大さじ1

・作り方
1)ボウルに砂糖を入れ、少しずつ酢を入れて溶き混ぜる。さらに、しょうゆと水を入れて混ぜる。

2)青じそは手のひらでたたいて香りを出し、昆布と1とともに保存容器に入れる。

●豆乳ゴマドレッシング

大豆効果で女性ホルモンをサポート。ゴマが美肌にも働きます。

・材料(約250ml分)
豆乳…200ml
白すりゴマ…大さじ5
酢…50ml
砂糖…大さじ1と1/2
みそ…大さじ1と1/2
塩…小さじ1

・作り方
1)砂糖・みそ・塩をボウルに入れ、少しずつ酢を加えながら溶き混ぜる。

2)豆乳と白すりゴマを1に加えて混ぜる。

*豆乳ゴマドレッシングは、保存期間が約3週間です。

ぜひ作ってみてください。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと