小腹が空いた時に食べる冬の定番おやつ。その新しい味を、フードコーディネーターが提案します。

キッチンを汚さずにヘルシーおやつが作れる

「切って、のせて、包む」だけ! そんな、アルミホイルを使った簡単おやつレシピをご紹介します。

フライパンもお皿も汚れないから、後片付けも楽チン。必要な人数分をいっきに包んで、栄養たっぷりの手間なしおやつができちゃうんです。

提案してくれたのは、フードコーディネーターのみなくちなほこさん。

身近にある食材で手軽に作れるシンプルなレシピに定評があります。

「ホイル焼き」といえば、鮭などおかず系を作るイメージの調理法ですが、おやつにも大活躍。

ビタミンや抗酸化成分を包み込んで逃さず摂れるし、使う油も少なくヘルシー。

今回は、食べ方がマンネリになりがちな、さつまいもやみかんがおしゃれスイーツに大変身するレシピをご紹介します。

冬にピッタリなホットみかん

●シトラスグリル(76kcal)
みかんを皮ごと加熱すると、皮の栄養が果肉に浸透し栄養価がアップ! ラム酒の香りとも好相性。

・材料(2人分)
みかん……4個
グラニュー糖……3g
ラム酒(好みで)……適量

・作り方
1)みかんは皮つきのまま横半分に切る。

2)アルミホイルにみかんを並べ、グラニュー糖をふり、口をしっかりと閉じる。

3)温めたフライパンにのせてふたをし、中火で5〜6分加熱する(魚焼きグリルなら上下強火約5分)。

食べる前に、お好みでラム酒をふる。

さつまいもがおしゃれスイーツに

●おいものスイート焼き(166kcal)
さつまいものビタミンC、Eでアンチエイジング。おいものホクホク感と甘みが最高!

・材料(2人分)
さつまいも……150g
グラニュー糖(または砂糖)……3g
バター……10g
ミックスドライフルーツ……15g
シナモンパウダー……少々

・作り方
1)さつまいもは5mmの輪切りに。

2)アルミホイルにさつまいもを並べグラニュー糖をふり、ドライフルーツをのせる。バターをちぎって全体に散らし、シナモンパウダーをふる。アルミホイルの口をしっかり閉じる。

3)温めたフライパンにのせふたをし、中火で10分程加熱(魚焼きグリルなら上下強火約10分)。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと