親子三代で歴代総理を施術してきた浪越指圧。血流を一気によくし、不調を改善するその方法を紹介。

太い動脈を押すだけで疲れがス~ッと消える!

“押せば命の泉、湧く”で一世を風靡した、指圧の創始者・浪越徳治郎氏を筆頭に、親子3代で小泉純一郎総理をはじめ歴代総理大臣13人の施術をしてきた“浪越指圧”。海外での評価も高く、今や英語の辞書に「SHIATSU」という言葉が載っているほど! 国を支える総理大臣の疲れを即効で癒してきた指圧の秘密は、血管を刺激することにありました。

3代目の浪越孝さんによると、指圧は一般のツボ押しやリンパマッサージと異なり、動脈を中心に血管を直接押して刺激する治療法。滞っていた全身の血流が勢いよく流れ、筋肉運動をしたかのような血流促進効果があるそう。

やり方は簡単で、太い動脈のあるところ、ドクドクと血流の流れを感じる場所を押すだけ。特に心臓から遠い脚は、血行が悪化しがち。「大腿動脈」が通るつけ根を押して下半身のめぐりをよくすると、むくみが改善。はじめた瞬間から体がポカポカし、全身の不調が軽くなりますよ!

冷えとむくみに効く「血管指圧」

ポイントは、指の腹を当てて、深部に向かって垂直に押すこと。指を反らせて関節の部分で押したり、指の先端で刺すように押すのはNGです。
そして息を吐きながら、気持ちいい圧で押しましょう。痛みを感じると血管が収縮するので、強く押しすぎないこと。
時間帯は、血圧が低い朝いちばんに行うのがおすすめ。血流がよくなって、だるさや疲労感が取れ、すっきりと目覚められます。代謝もアップするので、その日1日、元気にすごせますよ。

「血管指圧」のやり方

あお向けで寝た状態で、両手の人さし指、中指、薬指の3本指をそろえて、左右の脚のつけ根「鼠蹊部(そけいぶ)」に、指の腹が当たるように置きます。
位置は、脚のつけ根のラインの真ん中あたりの、少しくぼんでいて、触るとドクドクしているところ。ここに大きな血管である「大腿動脈」があります。
体の力を抜きながら、この部分を3秒かけてじんわり押しましょう。これを5回くり返して。
イスに座りながらやってもOK。その場合は、親指の腹を上記の指圧ポイントに当てながら、上半身を前に倒すと、力が入りやすく効果的です。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと