夏の猛暑を乗り越えたと思ったら。なんだか肌がガサガサしてきた……。

そんな、9月に起こりがちな肌トラブルのケアをまとめました。

9月は肌トラブルが起こりやすい時期

気温が少しずつ下がり、暑さのピークを乗り越えたら「なんだか肌がかさつく」、「ファンデーションのノリが悪い」と感じませんか?

9月は、肌の状態がとても悪くなりやすい時期。

その原因は、夏の猛暑。

夏の間に浴びた紫外線や、夏バテで栄養不足になった影響が、9月頃に現れるためです。

また、秋になると気温が下がるとともに、湿度も低下します。

さらに暖房を使い出すと、肌はもっと乾いた超ドライな空気にさらされることに。

これも肌トラブルが起こる要因になります。

乾燥によるシワや毛穴の開き、肌がごわつくといった悩みが多くなる時期なのです。

刺激を感じたら美白系化粧品はお休みして

秋の肌トラブルを抱えた肌には、とにかく刺激を与えず、やさしくケアするのが基本となります。

絶対に肌をこすらないこと。

洗顔はもちろん、タオルで顔を拭く時、化粧水をつけるときも、そっとタッチするようにしましょう。

そして刺激の少ないシンプルな化粧水で、丁寧に保湿ケアを。

秋になると、夏の間に浴びた紫外線対策にと美白系化粧品を使う人も多いかもしれません。

でも、美白系化粧品は刺激が強い場合もあるので、肌に乗せた時に何か感じる場合は、少しの間使用するのをストップして様子を見て。

美白系の化粧品は、低刺激の化粧品で肌が落ち着いてから使うようにしましょう。

敏感肌ならナチュラルコスメを

また、たっぷりの化粧水で保湿した後は、乳液やクリームでフタをすることを忘れずに。

一度、乳液を塗った後、肌が物足りないと感じたら、重ねづけしましょう。

肌の表面をさわって、しっとりするくらいになるまでが目安です。

そして、普段のメイクもファンデーションや下地は、保湿系のものに切り替えを。

肌が敏感な人は、肌が落ち着くまでナチュラルコスメに切り替えるのも効果的です。

ナチュラルコスメは、せっけんでメイクを落とすことができるので、クレンジング不要で肌の負担が非常に軽くなります。

肌トラブルがあるときは、刺激を与えず落ち着くまで、やさしく保湿するのがケアのコツです。

9月は徐々にスキンケアもメイクも衣がえをする時期と心得て。

この時期に手をかけることで、秋冬の乾燥にも負けない肌を作ることができますよ。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと