肌がかさつく、夜の営みがおっくう…うるおい不足を補う方法を女性ホルモンバランスプランナーが紹介。

2つのホルモンバランスが肌にも体調にも影響する

近頃、女性の大切な部分が乾き気味だし、Hも気乗りがしない……。

アラフォー世代から起こりがちなこうした変化は、女性ホルモンの分泌が乱れているせいかもしれません。

女性ホルモンは、年を重ねるごとに減っていきます。

また、2つの女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」のバランスの乱れも、不調の原因に。

そこで、女性ホルモンの状態をよくする方法を、女性ホルモンバランスプランナーの烏山ますみさんに伺いました。

更年期の症状も、女性ホルモンが整うと楽に。

肌もうるおい、体調がよくなって、セックスレスの解消にもと、いいことづくめです。

女性ホルモンがアップする8つの習慣

1)脚を組むときはときどき左右を組み替える

女性ホルモンを分泌する「卵巣」は左右にあり、両方が均等に働くのがベスト。

体の左右のバランスが崩れると卵巣も影響を受け、片方ばかり働いてしまいます。

脚を組むときは、ときどき左右を組み替えてバランスをとりましょう。

バッグを持つときも、左右で持ち替えるよう意識して。

2)座り仕事が多い人は休憩中に腰をひねる

長時間、座り仕事が続くと、骨盤まわりの筋肉が固まって卵巣の血流が悪くなります。

休憩中は座ったまま腰をひねり、骨盤まわりの筋肉をゆるめましょう。

卵巣の血流がよくなり、卵巣の働きが活性化。

ひねりにくい方を中心に行えば、左右のバランスも整います。

3)きれいにネイルをする

体の隅々まで気の巡りをよくすると、女性ホルモンの分泌が活発に。

気の巡りが悪い人は、頭がのぼせて手足は冷えるなど、末端への血の巡りが滞りがちです。

きれいにネイルをすると指先に意識が向き、気と血が巡るように。

ペディキュアもオススメです。

4)蒸しタオルで顔を温める

首と顔の神経はつながっています。

そのため、顔を温めると首の血流がよくなり、脳から卵巣への司令もスムーズに。

首こりが気になるなら、蒸しタオルを顔にのせ、タオルが冷えるまでそのままにしておきましょう。

首の血流がよくなり、さらに気持ちもゆったりします。

5)ふわふわしたものを触る

ふわふわしたものを触ると気持ちがリラックスし“幸せホルモン”と呼ばれる「オキシトシン」が分泌されます。

オキシトシンは自律神経やエストロゲンの分泌にかかわるもの。

寝具を手触りのいいものに変えたり、かわいいペットと触れ合ったりするのも同じ効果があります。

6)ルームウエアをピンク色にする

ピンク色は血流を促し、女性ホルモンを活性化するといわれています。

外出の際、あまりピンク色の服を着ない人は、ルームウエアをピンク色にしてみましょう。

女性らしいデザインのものを選ぶとさらに効果的。

女子力が上がって、女性ホルモンの分泌が促されます。

7)意識して和式トイレを使う

昔のトイレは和式で、1日に何度もしゃがんでいました。

家事でも雑巾がけなどで、しゃがむことが多かったのです。

しゃがむと骨盤周辺の筋肉が鍛えられて血流がよくなり、女性ホルモン力もUP。

でも現代はしゃがむ機会がグンと減っています。

外出先で和式トイレがあったら入って、しゃがむ機会を増やしましょう。

8)「なんとなくイヤ」と思うことはしない

「なんとなくイヤ」という気持ちは、女性の本能的な感覚。

言葉で説明できなくても、脳がさまざまな状況を判断したうえで出した答えです。

「なんとなくイヤ」と感じたら無理しないこと。

女性として本能が戻り、ホルモンバランスも回復します。

女性ホルモンアップ習慣を今日からさっそく取り入れて。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと