歯科治療の良し悪しは素人ではわかりにくいもの。そこで現役の歯科医が、やってはいけない治療を解説。

健康な歯まで失わないよう歯科治療は慎重に

歯科医院はコンビニの数より多いと言われるだけに、良し悪しに大きな差が。歯科医の言いなりになっていると健康な歯までも失う危険がある!と警鐘を鳴らすのが、現役の歯科医である林晋哉先生です。気をつけたい歯科治療について、まとめてご紹介します。

現役歯科医が教える! 間違いだらけの歯科治療

○虫歯をむやみに削る治療は日本だけ

世界では「歯はできるだけ削らない」のが常識。ガリガリ削るのは日本だけです。初期の虫歯は進行を見極めていくことが大事。進行止めの薬で大きくならないこともあります。また、接着性の高い詰め物を使えば取れにくいので、大きく削らなくてすみますが、日本の歯科医は健康な部分まで削ることが多いそう。ガリガリ削る治療の背景には、削る部分が小さいと診療報酬が安く、割に合わないという日本の保険制度の問題もあります。

○インプラントは骨に刺さるトゲである

「インプラント」とは、あごの骨に人工歯根を埋め込み、その上に義歯を固定する治療法。自分の歯のようになると言われます……が、林さんは絶対にやりたくないと言います。人口の異物が骨に埋まっているのは、骨にトゲが刺さっているようなもの。あごがしびれる症状が出たり、高齢で歯が全部抜けてもインプラントだけ残り、流動食しか食べられなくなるケースも。後悔する可能性が高い危険な治療法です。

○大人の歯科矯正は全身不調を引き起こす

「歯並びをキレイにしたい」と、大人になって歯科矯正をする人が増えています。しかし、大人はそれまで何十年と生きてきた噛み合わせでうまく噛めるよう全身を適応させています。それが急に変わると体がついていけず、頭痛、肩こり、嘔吐など全身に不調が出ることが。顔がこわばってキツイ顔つきになることも。矯正装置を外すにしても、一気に外すと体はさらに混乱するので、少しずつ外す必要があります。大人の矯正はおすすめできません。

○「親知らず=絶対抜くもの」ではない

親知らずはきちんと噛み合っていて違和感がなければ、抜く必要はありません。噛み合う相手の歯がなく、あごの動きを邪魔したり、大きな虫歯や歯周病などでなければ抜く意味がないのです。親知らず1本抜くのにかかる費用は、抜歯の難しさにより4千円〜1万円。親知らずを抜くと歯科医に言われたら、まずは抜かなければいけない理由を聞き、納得できなければ断って。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと