大切な予定は週の半ばにした方が安全かもしれません。というのも、月曜日は危険がいっぱいなのを知っていますか? 憂うつな月曜日の危険性とその回避術についてまとめました。

週末開けの月曜日は心にも体にも負担が

日曜日の夜、テレビでサザエさんが始まるころになると気持ちがふさぎ込む「サザエさん症候群」。楽しみにしていた週末が終わってしまい、明日からまた忙しい毎日が始まるし、遊び疲れて明日も休みたいくらい……。そんな思いから、気持ちが落ち込むことを言います。これは大人だけに限らず、子どもにも当てはまること。なんと、こういったことから月曜日は、病気になるリスクや子どものおねしょ率も高いのだそう。そこで、憂うつになりやすい月曜日のリスクを回避する対策をご紹介します。

月曜日を乗り越える! 休み明けの憂鬱対策

週末に生活リズムを崩さない

土日だからと遅くまで寝ていると、生活リズムが崩れて月曜日の体調が思わしくなくなります。週末もできるだけ平日の同じ時間に起床、睡眠を心がけて。睡眠不足を補いたいなら、朝はいつもと同じ時間に起きて、昼寝をすると生活リズムを崩すことなく疲労回復ができます。

日曜日の夕方は予定を入れない

せっかくの週末だからと予定をたくさん詰め込んでいませんか? すると平日と同様に脳が働きっぱなしになり、疲れが取れません。特に日曜日の夕方は明日の学校や仕事のことなどを考えて、ストレスを抱えがち。できるだけリラックスできるように、予定を入れず自宅でまったり過ごすなどして。

大切な予定は週の半ばにする

前述の通り、月曜日は肉体的にも精神的にもリスクの高い曜日。できれば、大切な予定は、体のエンジンが全開になる週の半ば、水曜日か木曜日にするとうまくいきます。

プライベートの楽しみを月曜日に入れる

学校や会社が終わった後の時間に、楽しみにしていることを入れましょう。すると憂鬱な月曜日も楽しみになります。大きなイベントでなくてよいので、たとえば、月曜の夜は家族みんなが大好物の夕食にするといったことでOK。これだけで、勉強や仕事のモチベーションが上がり、リスクの高い月曜日を乗り切れます。

軽い運動をする

週末はどうしても、平日と生活リズムが変わってしまうもの。それを平日のリズムに戻すためにも、月曜日の朝に軽い運動をすると、体も心もスイッチが入り、やる気がみなぎってきます。家族でラジオ体操、朝さんぽするなど、体を意識的に動かすことで心もリフレッシュされます。

メイクやおしゃれをする

気分を上げるアイテムを月曜日に取り入れましょう。お気に入りのリップや、洋服、靴など、取り入れるとワクワクするものを使うことで、気分が高揚して憂鬱な月曜日も楽しく過ごせます。ママが元気だと、家族も元気に!

執筆/監修:株式会社からだにいいこと