子どもから大人まで親しまれているおせんべい。来客時の手土産や旅行のお土産として一度にたくさんもらうこともありますよね。しかし、一度封を開けてしまうと湿気やすいのが玉にキズ。そこでこんな保存方法をご紹介します!

一般的な保存方法だと……

残ったおせんべいの袋の口をクリップなどでとめたり、ジッパーのついたポリ袋に移し替えて保管したりしたことはありませんか? 空気に触れると湿気てしまうので、なるべく触れさせないように私もよくそうしていました。しかし、いざ食べようとすると湿気ている……なんてことも。
これ、実は空気が入ってしまっているのです。空気に含まれている水分がおせんべいを湿気らせる原因となっています。クリップの隙間から空気が入るのはなんとなく想像できますが、ジッパーがついているのにどうして?と不思議ですよね。

実は空気を通していた

実は、ビニール袋もポリ袋も空気を通す素材なのです。そのため、市販のおせんべいの袋には脱酸素剤や乾燥剤が入っているのです。ですから、開封後のおせんべいは湿気の少ない場所に保管しておくことが大切なのですね。

湿気の少ない場所はどこ?

開封後のおせんべいと乾燥剤を一緒にいれた密閉容器やジッパー付きポリ袋は、どこに保管するのがベストなのでしょうか。季節によって室内の湿度は変わりますが、梅雨の時期ともなると台所の棚でもかなりの湿度になります。特にシンクの下は湿気がこもりやすいため、あっという間に湿気てしまうことも。冷暗所といえば冷蔵庫ですが、肉や野菜などを保存するため湿度が高く、実はおせんべいの保管には不向きなのです。

湿気の少ない保存場所はここが一番!

一番のおすすめは冷凍庫。ここなら冷暗所である上に湿気も少なくベストだといえるでしょう。しかしおせんべいが凍らないのか少し気になりますよね。心配ご無用! おせんべいは焼いてから乾燥させているため水分がほとんど残っていないのです。ですから凍ることはなく、安心して冷凍庫に保管することができるでしょう。食べるときには少しひんやりとしたおせんべいの食感を楽しめます。

湿気てしまったおせんべいはどうする?

うっかりおせんべいを湿気させてしまった! そんなときのアイデアもいくつかご紹介します。

カリカリのおせんべいに復活

どうすれば湿気を飛ばせるのでしょうか。簡単なのは、電子レンジで温めることです。この際の注意点は、ラップをしないで短時間だけにすること。温めすぎてしまうとカチカチの固いおせんべいになってしまうからです。もちろんオーブントースターで焼いてもいいですね。

クルトン感覚でサラダに乗せても

私は、時々おせんべいを粉々にして、クルトンのような感覚で洋風サラダに乗せています。湿気たおせんべいを砕いて乗せたこともありますが、しっとりした食感がドレッシングとよく合って、とってもおいしく頂けましたよ。

お酒のおつまみに変身

クラッカーの代わりとして、湿気たおせんべいにチーズやトマトやキュウリを乗せるとちょっとしたおつまみに。ブルーチーズを乗せれば、ワインのお供にも。

保管の方法に気を付けて、ぜひパリパリのおせんべいを長く楽しんでくださいね。そして、もしおせんべいを湿気させてしまったときも、アイデア次第でおいしい一品に変身させてみてください。

(文・ひさこ)