莫大な費用がかかるイメージがある「無痛分娩」。今回は、実際に無痛分娩をした我が家が、出産にかかった費用をお話しします。無痛分娩の相場もご紹介! 無痛分娩を考えている方は、参考にしてみてくださいね。

無痛分娩は通常入院費に9~13万円ほど加算される

無痛分娩の費用は地域や産院によって多少の差はありますが、私の出産した地域ではだいたい9~13万円が相場のようです。

私が2年前に無痛分娩で出産した産院では、通常入院費に9万円が加算されましたが、調べてみたところ今は13万円が加算されるようです。地域や医療機関によっては、それ以上加算されることもあります。

無痛分娩が主流にならないのは、「無痛分娩だと愛情が生まれない」という差別のせいではなく、単純に麻酔医の確保が難しいからだといわれています。最近人気になってきた無痛分娩ですが、その分の麻酔医を確保できていないという現状なので、値上がりするのも無理はないのでしょう。

無痛分娩を扱っている産院は個人病院がほとんど

無痛分娩が可能な産院は増えてきていますが、そのほとんどは個人病院です。

個人病院は総合病院と違い、入院費が高いのが特徴です。総合病院の場合、分娩費や入院費などすべて含めて42万円ほどで済むところを、個人病院の場合は平均で52万円ほどかかるようです。その分、個人病院は食事が豪華だったり、エステやマッサージのサービスがあったりと、まるで高級ホテルのような体験をすることができます。

実際、私が出産した産院は、

・フランス料理のフルコース
・エステサービス
・スキンケアフルセットの完備
・豪華すぎる個室

など、ホテル顔負けのサービスが充実していました。

しかし、こんな豪華なサービスを提供している産院は、おそらく私が出産した産院だけではありません。最近では、ほとんどの個人病院がこのようなサービスを提供しているようです。実際に、私も複数のママ友から話を伺いましたが、個人病院で出産したママ友たちはみんな口をそろえて「高級ホテルのようだった」と言っていました。

少子化が進む日本では、産院もここまでしないと人を集められないのかもしれませんね。

最終的に我が家が負担した金額は……

無痛分娩と、ホテルのような個人病院で出産した我が家が実際に負担した金額は、およそ

(入院費55万円)+(無痛分娩費9万円)-(出産一時金42万円)=22万円

でした。入院費が平均よりも高くなってしまった原因としては、

・休日料金がかかった
・2人部屋が空いていなかったため、上から3番目のランクの部屋に泊まった

の2点が挙げられます。部屋の料金などの細かい金額は、産院によりさまざまなので、あくまでも1つの参考として考えていただければと思います。

いずれにしても、出産は予定通りにはいかないので、出産費用は予想よりも高くなると考えておきましょう。

出産一時金ではまかなえなかったがいい経験になった

たしかに、無痛分娩をしたことで出産費用が跳ね上がってしまったことは事実です。しかし、無痛分娩には10万円払う価値があると、実際に体験した私は思います。

単純に陣痛を感じないから楽に産める、というだけでなく、痛くないからこそ赤ちゃんを産むことを楽しむ余裕があります。自然分娩の場合、「陣痛が痛くて当時のことはあまりおぼえていない」という声もよく聞きますが、私は無痛分娩だったおかげで、今でも「出産は楽しかった」という思い出が強く残っています。

お話しした内容が、無痛分娩を考えている人の後押しになれば幸いです。

(文・まおにゃん)