仲が悪い姉妹、なんとか仲良しになってもらう方法はないものでしょうか。

仲良し姉妹になってほしいママが考えた、とっておきの方法とは!?

子どもの仲が悪くて悩んでいるママさん、その悩み、解決するかもしれませんよ。

3歳差の姉妹をもつママの悩み

我が家には3歳差の姉妹がいます。

上の子は、1人で遊ぶことが寂しくて、妹が産まれることを、とっても楽しみにしていました。

「早く産まれてほしいな~。早く一緒に遊びたいな~」と、それはそれは楽しみにしていて、ようやく産まれた待望の妹!

当然かわいがってくれるものだと思っていたら、現実はそんなに甘くありませんでした。

妹が産まれるということが、姉妹でママを取り合うことになるとすぐに悟った上の娘。

3歳差ということもあってか、自分の置かれた状況をすっかり理解してしまいました。

もう、そうなると、妹への嫉妬やママを取られた寂しさでいっぱいになり、大荒れ状態に。

とにかく険悪だった時期

ついには、あんなに心待ちにしていた妹だったのに「こんなに寂しい思いをするのなら、妹なんか産まれなければよかった……」とまで言い出してしまいました。

下の子を抱っこしていたら「赤ちゃん抱っこしないで!」と怒ったり、今まで自分でできていた着替えや食事の時にも「ママにやってほしい、1人じゃできない」と泣き出したり、よちよち歩きの妹を突き飛ばしたり。

このままでは妹もお姉ちゃんを嫌がるようになるんじゃないかな、2人しかいない姉妹なのに仲が悪くなるなんて悲しいなと頭を悩ませました。

私が考えた「姉妹を仲良くする方法」

下の子が2歳頃になると、だんだん姉妹で遊べることも増えてきました。

しかし、相変わらず妹への当たりが強いお姉ちゃん。妹がお姉ちゃんと一緒に遊びたくて、くっついて回るのがうっとうしく感じるようです。

これでは妹がお姉ちゃんを嫌うのも時間の問題!? と、焦るママ。

なんとか仲良くなってほしいママは、2人に魔法の言葉かけをすることにしました。

お姉ちゃんに毎日のように、

「○○ちゃんって、いつもお姉ちゃんにくっついてきて、本当にお姉ちゃんが大好きだよね。かわいいね~」

と言い続けました。

妹にも、

「お姉ちゃんって、○○ちゃんのこと大好きなんだよ。かわいいって言っていたよ。」

と言い続けました。

初めは効果が無かったものの、数ヵ月しつこく言い続けていると、少しずつ「私のこと、そんなに好きなの?」と思い始めてくれるように。

そのうちに「ほんと、大好きだよね~」と言うと、「うん、知ってるよ」という言葉まで返ってくるようになりました。

険悪な時期を乗り越えて

険悪だった姉妹の仲も、魔法の声かけの効果があってか、今ではすっかり大の仲良しになりました。

やっぱり、自分のことを大好きな人のことは、大好きになるんですね。

仲が悪かったことさえ覚えていないようです。

この言葉かけ、大切なポイントがあります。

それは「1人になった時に、こっそり伝えること」

本人の前で「お姉ちゃんが妹のことを大好き」なんて言ったら、「そんなことない! 嫌い!」って言うだろうなと思ったからです。

姉に否定されたら、魔法の言葉の効果が無くなってしまうのでご用心を。

姉妹仲で悩んでいるママさん、良ければ試してみてくださいね。

(文:SORA)