忙しいママのために、短時間でおいしくスパゲティを茹でられる方法をご紹介します。

少ないお湯でスパゲティを茹でたら、時短にもなり、光熱費の節約にもなり一石二鳥! 分量と手順さえしっかり守れば、フライパンで簡単にスパゲティを美味しく茹でることができますよ。

時間がかかって仕方なかったパスタ茹で

スパゲティを茹でる時って、本当に大量のお湯を沸かさないと美味しく茹でられないんでしょうか

お湯が沸くまでに時間もかかるし、お鍋を持つのも重いし、大きなお鍋を出すのも洗うのも面倒だと思いませんか?

strong>もっと手軽においしくスパゲティを茹でられる方法はないかと探してみたら、ありました。

少ないお湯でスパゲティを美味しくゆでる方法!早速、試してみましたよ。

少量でも大丈夫!フライパンでスパゲティを茹でる方法

【用意するもの】

  • ふたつきのフライパン
    (できれば透明で中が見えるもの)
  • スパゲティ 100g
  • 水 400ml
  • 塩 ひとつまみ

【手順】
1:フライパンに水400mlと塩を入れ、強火にかけます。

2:水が沸騰してきたら、スパゲティを半分に折って入れます。ふたをして蒸し茹でに。

3:しばらくするとフライパンの中が泡でいっぱいになってきます。
ふたのところまで泡がきたら、焦げつかないように火加減を中火にしてください。

4:スパゲティのパッケージに書かれた「茹で時間」どおりに茹でます。

途中でふたを開けたくなりますが、我慢。吹きこぼれそうで、意外と吹きこぼれないので安心してください。

ただし、水がなくなってしまうと底が焦げつく心配があるので、その場合は熱湯を少し足してくださいね。

5:時間どおりに茹でたら完成です♪

この時に、お湯が多く残っている場合は、弱火にかけてスパゲティ表面の水分を飛ばしてください。余熱料理でもOK!

水分が多く残っていないほうがスパゲティにパスタソースが絡みやすくなりますよ。

2人前、3人前とつくりたい場合は、スパゲティと水の量をそれぞれ増やしてください。(スパゲティ200gなら水600ml・スパゲティ400gなら水800ml)

ただ、一度にたくさんの量を茹でると失敗しやすくなるようです。

上手に作るためには、まずは1人前から始めてコツをつかむと良いですよ。

スパゲティを茹でたフライパンでそのまま調理可能!


とにかく洗い物を増やしたくないので、スパゲティを茹でたフライパンでそのままパスタ作り!

オリーブオイルをひいて具材を炒めたらパスタを戻して味付け、あっという間にお手軽パスタの出来上がりです。

食べてみた感想は、なんだかいつものパスタよりモチっとしていて美味しいかも!? 水っぽくならずにソースがよく絡んでいる感じがします。

時短で美味しく仕上がるなんて素敵すぎませんか? フライパン1つで調理できるので、後片付けもとってもラクですよ。

忙しいママにぴったりの時短テク

ささっと調理して、パッと食べたい時に頼りになるパスタメニュー。時間が無い時には、たっぷりのお湯を沸かす時間さえ惜しく感じます。

そんな忙しいママには、少量のお湯で蒸しゆでにする「蒸しパスタ」がおすすめです!

お湯を沸かす時間を短縮でき、さらに後片付けの時間も節約できるので、かなりの時短になります。

1度試したら、あまりにラクで、たっぷりのお湯を沸かすなんて面倒なことはもうできないかもしれません。

ぜひ時短レシピに興味がある方は、試してみてくださいね。

(文と写真:SORA)