余りがちなおでんのつゆ・ラーメンの残りスープを、簡単リメイク! ちょっとしたアレンジで子どもも喜ぶ料理に早変わりさせてみませんか?

家計の節約にも嬉しい、そしてびっくりするほど本格的な味に仕上がる、おすすめレシピをご紹介します。

美味しいお出汁やスープ、捨てるのはもったいない

美味しいおでんやラーメンは、日々の食卓にも多く出番がありますよね。

でも、つゆやスープだけ残ってしまうことはありませんか? 実はこのおでんのつゆやラーメンの残りスープは、リメイクレシピで簡単に別の1品に変身してくれるんです!

お鍋だって、シメは雑炊にしたりうどんを入れたりして、最後の最後まで美味しく頂きますよね。

そのままでも美味しいお出汁やスープ……活用しない手はありません! 捨ててしまうなんてもったいないですよ。

簡単にできるアレンジレシピを2つご紹介いたします。

おでんの残りつゆで「簡単炊き込みご飯」

おでんの残ったお出汁で、炊き込みご飯を作りましょう!

材料は以下です。

  • お米 2合
  • おでんの残りつゆ 100~200ml
  • おでんの残り具材 適量
  • 塩 小さじ1
  • しいたけ 2つ(薄切り)
  • ニンジン 1/3本(細切り)
  • 万能ネギ 適量

おでんの具材が残っていたら、さいの目切りにして具にしちゃいましょう。あとの具はお好みで構いませんよ。

今回ははしいたけとニンジンを入れました。

作り方

お米を研いで、万能ネギ以外の材料をすべて土鍋(炊飯器でOK)に入れます。

普通に炊飯するときのように、2合のメモリまでおでんの残りつゆを入れましょう。

今回、つゆは100ml程度しか残っていなかったため、足りなかった分は水を足しました。

そのまま、通常の炊飯をするだけ!

炊き上がったら具材が行き渡るようごはんを混ぜて、お茶碗に盛りましょう。

万能ネギで彩りを添えたら、完成です!

おでんの甘みが広がる、美味しい炊き込みご飯になりました。

今回おつゆが足りなくて半分ほど水を足したので、あっさりしすぎかな?と思いましたが、おでんの残り具材にしっかり味がついているので、ちょうどいい塩梅になりました。

びっくりしたのは、おでんは食わず嫌いでなかなか手をつけない娘がおかわりまでしたこと! とっても気に入ったみたいです。

塩ラーメンのスープで「なんちゃってペペロンチーノ」

ラーメンの残りスープを、パスタソースにアレンジする簡単レシピ!塩ラーメンが残っていたら、「ペペロンチーノ風」ができちゃいます。

材料はこちら。

  • パスタ 100g(1人前)
  • ラーメンの残りスープ 100ml
  • オリーブオイル 大さじ1
  • チューブにんにく 小さじ1/2
  • 唐辛子 適量

にんにくはスライスでもいいですし、鷹の爪を用意するともっと本格的になります。

その場合は、あらかじめフライパンでオリーブオイルとにんにくを熱し、香りが出たら鷹の爪を入れてスープを足しましょう。
今回は自宅にあったもので簡単にできるズボラな方法をご紹介します。

作り方

パスタを茹でます。指定の時間より1~2分ほど短い時間にしましょう。

パスタを茹でている間に、残ったスープを鍋で煮立て、チューブにんにく・唐辛子を入れます。野菜などを入れるときは、このときに一緒に煮てしまえばOKです。

パスタを残りスープの中に入れて味を馴染ませ、オリーブオイルをまわしかけます。

完成です!

シンプルな見た目ながら、香りが食欲をそそり、お味も絶品! これならスープ1杯でラーメン・パスタの2種類を楽しむことができるので、節約にもなりますね。

節約レシピで本格的な料理も楽しめる!

しっかり味のついたおでんやラーメンの残りスープのアレンジは、とっても簡単なのに本格的な味になるのが嬉しいところ。

もちろん、ほかにもアレンジの幅はいろいろありますよ。ラーメンスープを炊き込みご飯にするのもおすすめです。

さまざまな味で試して、オリジナルのアレンジレシピを楽しんでみてくださいね。

(文・古屋ナシコ)