2022/11/22 08:59

海外に行くとき「〇〇」の洋服を持っていくと「普通に懲役刑だからな」「厳しく罰せられる」よく着るひとは絶対にやめて

NG

ネットでは、石武丈嗣(10月ついに会社清算完了!あとは税金払うのみじゃー!しかし赤字1000万越え!) (@_596_)さんが投稿した、海外渡航時の注意点が話題になっています。

「そういや前にも言っていて今日も言っていたけどさ。海外行くときは「迷彩柄」の服は着て行ったり、荷物に入れておくなよー。国によって何色の迷彩でも普通に懲役刑だからな。重いところはタイとか軍服法で3カ月以上5年以下の懲役刑で普通につかまる。(続く1」

「フィリピン、ジャマイカも。ドミニカ、バルバドス、ガーナ、グレナダ、オマーン、セントルシア、サウジアラビア、ウガンダザンビア、ジンバブエとかも結構あるのよ。わかんなかったら持って行ったり着ない方が無難よ(続く2」

「追記1)重い理由はそれぞれだけどタイとかだと昔に軍人のふりをした強盗が多くて法律厳しくしたんだよな、これ。他の国でも警察や軍と間違えられないようにとかそういうのだけどな。海外だと迷彩柄が違法ってのは結構多いのよ。」

知らずに持っていくと大変なことになってしまうのですね...

ネットの声
・あとポリス系も結構国によって厳しく罰せられるよ。
・タイでは、迷彩上や下を着られますが、上や下一緒に着られません
・郵便禁制品にも「軍服」がある国が多かったりする。傭兵だと思われたりめんどくさいことになる
・あと日本語Tシャツ着てる外人より恥ずかしいことになるし最悪犯罪に巻き込まれたりもするから良うわからん英字書いてあるのは極力避けるべきやな
・たまに着てるから気を付けよう

などの声が寄せられています。以上、BUZZmagが有益な情報をお届けしています。

海外に行く際、『迷彩柄の服』を持っていくのはNG。理由は… | BUZZmag海外に行く際、『迷彩柄の服』を持っていくのはNG。理由は… | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部