2017/6/17 08:11

人気「漢字ドリル」の”致命的欠陥”

いまトピ

「うんこ」で子どもの心をつかみ、大ヒット中の『うんこ漢字ドリル』。しかし、残念なことに、ある落とし穴があるといいます。また、書店にある漢字ドリルの多くが、同じ欠陥を抱えているとも。それは、登場する漢字(あるいは熟語)の意味を文脈の中で汲み取れない、という点です。例えば、「うんこ中の(私語)は禁止とする」という例文では「私語」の意味が全く分かりません。わかるような例文にするには、「授業中、先生の話をまったく聞かずに友人と(私語)をかわしていたら、それを見た先生がいかりのあまりうんこを大量にもらしてしまった」という例文にする必要があります。しかし、一つの漢字を子が覚えようしているときに、親がその漢字を用いた「少し長めの例文」を複数提示してやることでその問題点は解消できます。『うんこ漢字ドリル』を片手に、親子でそんなコミュニケーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。以上、「PRESIDENT Online」が伝えています。

人気「うんこ漢字ドリル」の"致命的欠陥" | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online人気「うんこ漢字ドリル」の"致命的欠陥" | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

編集者:いまトピ編集部