2022/10/7 15:28

ミサイル攻撃を受けたとき「建物に入る」のは・・・

ミサイルAmazon

ミサイル攻撃にまつわる投稿に注目が集まっているとBUZZmagが紹介。

「「建物の中に入ったくらいで防げるの?」という疑問が一緒にいた妻から出たので、「ミサイルの直撃はもちろんダメだろうが、壁一枚あるなしが生死を分ける距離に落ちる可能性は高い。ほんの少しでも安全を高めることは役に立つ」という例の話をしました。」
「私が高校生の時の校長先生のひとつ話で、原爆投下の時に広島にいて、山向こうに原子爆弾が落ちた。教室にいて、なんだ光ったぞあれなんだと見ていたやつは続く爆風でガラスが割れて大怪我をした。おれはその時やばいとしゃがんだのでそれを喰らわずに済んだ、というのがあり、まさにこの例だな。」
「この話を校長は「自分で自分の身を守る訓練をしなくては」という教訓としていたが、今思うとこれは大切な話をしていたのだな。「しゃがんだくらいで原爆が防げるわけがない(だから無駄だ)」というのは素直に直感に訴える力があって、私もついそう考えてしまうが、そうではないことを教えてくれる。」

咄嗟にどうするか考えられることが大切。この投稿に対しネットでは

「改めて指摘ありがとうございます。ガス爆発でさえ光を見たら背を向けてしゃがんで口を開けるの重要だと言いますからね。もしもの時に被害を少なくする行動が出来たらいいですね。」
「はだしのゲンで見たな……」
「直撃受けなくても破片でやられるから、少しでも破片を防げる場所が良い」
「核兵器の場合は、とにかく熱と爆風から身を守ることが大切なので強くおすすめするってどこかに書いてありました」
「近くに地下室がなくたって、助かる可能性はぐんと上がるんだろうな」

などの声が集まりました。もしも、まさかは急に訪れます。

「ミサイル攻撃を受けた際、建物に入るのは効果的?」答えは | BUZZmag「ミサイル攻撃を受けた際、建物に入るのは効果的?」答えは | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部