2022/9/26 08:47

「出来るだけ〇〇にならないようにしている」…約半数が人間関係で思っている感情

人間関係

人はそれぞれに考え方や性格が違うために、ときには合わない場合も。そしてあまりにもこじれた場合には、その相手を嫌いになってしまうこともありますよね…。

■約半数「人を嫌いにならないよう…」
全国の10代~60代の男女1,574名を対象に「人間関係について」の意識調査を実施したところ、全体で56.2%の人が「できるだけ人を嫌いにならないようにしている」と回答した。

20代女性は、「会社の上司のことが苦手すぎて、家でも考えるようになっていたんです。ただプライベートな時間まで、嫌な人のことを考えるのは時間がもったいないとも思えてきて…。それなら、もっと他のことを考えたほうがいいと反省しました」と話す。

難しいことですが、今はできるだけ気にしないようにしていて…。そうすると、嫌いな気持ちも少し弱まった気がします」と語っていました。

30代男性は、「害がない人に対して、嫌いにはなりません。ただ向こうから意味もなく敵対的を見せてくるような人とは、どうがんばっても仲良くなれる気はしなくて…。こちらも嫌いになって、距離を置くのが普通だと思うんです」と考えを述べた。

嫌いな気持ちを悪いものだと思うか、仕方ないものだと捉えるかで、考え方も変わってくるのかもしれませんね。

しらべぇが伝えています。

みんなで仲良く… 約半数が人間関係で「持たないでおこう」と思っている感情 – Sirabeeみんなで仲良く… 約半数が人間関係で「持たないでおこう」と思っている感情 – Sirabee

編集者:いまトピ編集部