2022/9/8 20:00

「痩せやすくなる照明の選び方」自宅でリラックスするときは◯◯色が良い

眠る

睡眠の質に影響を与えるのは明るさだけでなく、光の色も関係します。睡眠に最も悪影響が少ない色は電球色。オレンジ色の光です。昼光色は青みがかかった白い光の色で、電球色はオレンジがかった暖かい色の光り。昼白色と温白色はその間になります。光の色はメラトニンの分泌にも影響を与え、昼光色や昼白色などの白っぽい光はメラトニンの分泌量を低下させます。一方で、オレンジかかった電球色側の色は、メラトニン分泌に悪影響を与えません。日中に活動するのであれば、覚醒が促される昼光色や昼白色が良い一方、夜に自宅でリラックスルする場合は、オレンジ色の温白色・電球色を選ぶと睡眠の質を悪化させないため、自宅でリラックスする部屋では温白色・電球色を選ぶと良いでしょう。痩せやすくなる照明の選び方をつやプラが紹介しています。

明かりを変えて痩せる!?照明選びで楽に痩せるコツ | つやプラ - つやっときらめく美をプラス|40代からのエイジングを前向きに明かりを変えて痩せる!?照明選びで楽に痩せるコツ | つやプラ - つやっときらめく美をプラス|40代からのエイジングを前向きに

編集者:いまトピ編集部