2022/8/15 09:35

人のあるギャップに約半数の人がドン引き…「きちんと中身を見て」「ときにはギャップが、いいように働くことも」

カップル

人を見た目で判断してはいけないのはわかっていても、どうしても勝手な印象を持ってしまう場合もありますよね。

中身とのギャップが激しい場合には、思わず引いてしまう人もいるようです。
全国10〜60代の男女1,140名を対象に実施した調査では、全体で50.7%の人が「見た目と中身のギャップが激しい人に引いた経験がある」と回答。

年代別では、多くの年代で女性よりも男性の割合が高くなっています。

■癒やし系だと思った同僚が
中途採用で入社した同僚にギャップを感じた30代女性は、「おっとりとした雰囲気があり、最初は『癒やし系』だと思っていました。しかしだんだんと一緒にいるうちに、じつは毒舌だということが判明。

顔と発言がまったく合っていないので、最初は引きましたよ」と話す。

今では彼女の毒舌を受け入れているようで、「彼女は見た目が優しそうなためか、上司や取引先から強く言われることが多いんです。そのために、ストレスを多く抱えているのも事実で…。私に愚痴を言って気持ちが少しでも晴れるなら、どんどん毒を吐いてほしいと思っています」と続けた。

■きちんと中身で判断を
中身で判断してほしいと考える30代男性は、「そもそも、見た目で勝手にイメージを決めるのはおかしいと思うんです。黒髪の人が全員まじめなんてことは、絶対にありませんからね。第一印象で判断するのではなく、きちんと中身を見てほしいと思います」と思いを語る。

自分も第一印象で損をしていると思っているようで、「目つきが悪いためか、第一印象で悪く見られることが多いんです。それがとても嫌なので、反面教師にしているところもあります。ただ最初の印象が悪いと、その後、少しでもいい行いをしただけで評価が上がることがあるのはメリットなのかも…」とも話していた。

ときにはギャップが、いいように働くこともあるようですね。

しらべぇが伝えています。

人のあるギャップに約半数の人がドン引き… 「きちんと中身を見て」の声も – Sirabee人のあるギャップに約半数の人がドン引き… 「きちんと中身を見て」の声も – Sirabee

編集者:いまトピ編集部