2022/8/14 10:25

3名が即死した落雷事故アレを履いた1名だけが助かり話題に…「過信は禁物」「命を落とさなかったのは奇跡」

雷

今月4日の午後7時前、募金活動を行っていたボランティアメンバー4名が落雷事故に見舞われました。
一命をとりとめた1名が、若者に人気のワークブーツを履いていたそうです。

■4名のうち3名が死亡
安全な場所に避難する間もなく、雷の直撃を受けてしまったという4名。警察官やホワイトハウスのシークレットサービスたちがAED(自動体外式除細動器)とともに現場に急ぎ、心肺蘇生。
3名は死亡したが、カリフォルニア州出身のアンバー・エスカデロ・コントスタティスさん(28)だけは意識が戻り、地元の病院へと搬送されたそうです。

医師は「稲妻の電流は左腕から入りつま先から抜けた可能性がある」「腹部にやけどのような炎症を負っているものの、命を落とさなかったのは奇跡だ」と説明。

なかでも注目されているのは、彼女が日本でも人気のドクター・マーチン製のブーツを履いていたことだ。

バウンシングソールと呼ばれるその靴底は、タイヤに使用されるタイプのゴムに空気を封入したもの。それが雷から彼女の身を守ったのではないかというのだ。最近の長靴はポリ塩化ビニール製が増えていることもあり、「雷対策として過信は禁物」と警告する専門家は多い。このたびの一件をきっかけに、アメリカではゴム底の靴に再び注目が集まっているそうです。

しらべぇが伝えています。

3名が即死した落雷事故 ゴム底ブーツを履いた1名だけが助かり話題に – Sirabee3名が即死した落雷事故 ゴム底ブーツを履いた1名だけが助かり話題に – Sirabee

編集者:いまトピ編集部