2022/8/5 13:16

「太宰治の小説が好き」と話す娘に良い顔をしなかった父…しかしその数日後父がとった「とある行動」に・・・「素敵なお父様」

本

Intermezzo (@okawa70409184)さんが投稿した、自身の父親とのエピソードに注目が集まっています。

高校1年の時、太宰治の小説が好きになったと言ったら、父から「社会性がない」、また「女性と心中したような」作家のものを読むのはあまり感心しないと言われた。だが、その数日後、筑摩書房の箱入り太宰治全集が丸善から届いたのだった。その父が今日、他界して、このことを思い出し涙ぐんでしまう。と投稿。

娘を心配する気持ちも応援する気持ちも、どちらも紛れもない親心ですね。グッとくるお話に「素敵なお父様」「その全集、宝物ですね」などのコメントが寄せられましたとBUZZmagが伝えています。

「太宰治の小説が好き」と話す娘に良い顔をしなかった父。しかし | BUZZmag「太宰治の小説が好き」と話す娘に良い顔をしなかった父。しかし | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部