2022/7/23 15:52

お中元のお礼状「青インク」で書いてるひとは・・・

考える

お中元からビジネスまで、お礼状の正しいマナーと書き方をご紹介。

Q.「格式ある手紙」ブルーインクの万年筆はダメですか?

A.黒が正式です。濃紺であれば使用可能です。
手書き(直筆)で書くようにし、縦書きの便せんの右から左に向かって書くのが正式です。

Q.お礼状はどれくらいまでに出すのがデッドですか?

A.お礼状を送るタイミング(時期)は、基本的にその日のうちか翌日が望ましいとされていますが、即座に手紙を書くことが困難な場合は、遅くても3日以内には送付しましょう。お礼状が遅れてしまうようであれば、手紙の文中にお詫びの言葉を添えます。

Q.「格式ある手紙」の便せんや封筒とは? 柄入りは良いですか?

A.お礼状に関しては、便箋と封筒は揃いのものを使用します。罫線が無い真っ白な紙が正式、かつ格上です。罫線がある便せんや柄入りは格下であるため、正式には使用しません。

また、事務用の封筒や茶封筒はNG。特に目上の方に対しては、略式的であるハガキでお礼状を送ることは失礼に当たります。

是非、覚えておきましょう。以上、OTONA SALONEが伝えています。

「お礼状って青インクで書いていい?」お中元からビジネスまで、お礼状の正しいマナーと書き方|OTONA SALONE[オトナサローネ] | 自分らしく、自由に、自立して生きる女性へ「お礼状って青インクで書いていい?」お中元からビジネスまで、お礼状の正しいマナーと書き方|OTONA SALONE[オトナサローネ] | 自分らしく、自由に、自立して生きる女性へ

編集者:いまトピ編集部