2022/7/3 16:01

夏に「モバイルバッテリー」を30分間車内に放置した結果・・・「ふぁ!?なにこれ!?」「こんなんなるんだ…」「めっちゃ怖い」「ゾッとします」有益な情報

車

いまトピでは、こんなツイートを紹介しています。

『猛暑が続いていますが、昨年の夏に30分間モバイルバッテリーを車内に放置した結果がこちらです。みなさんはお気をつけください 』

車内でモバイルバッテリーが爆発し、助手席のシートが黒焦げになっている衝撃写真を投稿しています。

この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

「こんなんなるんだ…」
「これめっちゃ怖い…」
「ふぁ!?なにこれ!?」
「無いとは思いますが飲みかけのペットボトル飲料やスプレー缶も当然ダメですね」
「案外知られていませんが乾電池もダメ」
「リチウムイオンの火災事案は多いですからね」
「一週間前から「暑すぎるから家の中に戻そ」と思い戻しました。置きっぱなしだったことを考えるとゾッとします」

車内で直射日光にあたるダッシュボードは70度にもなると言われています。モバイルバッテリーに使われているリチウムイオン電池は熱に弱く、夏の車内で発火、発熱、発煙、爆発のおそれがあります。
ほかにも、スプレー缶やガスライター、乾電池、バッテリーが内蔵されたデバイスなども爆発の危険性があるそうですので気をつけて下さい。

夏に「モバイルバッテリー」を30分間車内に放置した結果…→ネット民「うわっ」「なにこれ!?」「怖い」 - いまトピ夏に「モバイルバッテリー」を30分間車内に放置した結果…→ネット民「うわっ」「なにこれ!?」「怖い」 - いまトピ

編集者:いまトピ編集部