2017/6/5 11:01

医師が解説!日焼けに危ない食べ物

日焼けgoo画像検索

美容に敏感な女性たちの間で、日焼けを促してしまう危険な食べ物として「ソラレン・アルコール」が挙げられます。医師によると『ソラレン』は、紫外線を吸収しやすい成分であり、食べるタイミングに注意が必要です。紫外線を浴びる可能性のあるときは、ソラレンを含むレモン、オレンジ、グレープフルーツ、キウイなどのような食材は朝食では食べないようにすると良いでしょう。その代わり、そういった食材に含まれるビタミンCは日焼け後の肌ダメージや健康な肌には欠かせないものなので、夕食に食べることをおすすめします。また、アルコールは血管を広げて血行を促進させる働きがあり、日焼けの炎症を促してしまうので注意が必要です。と美BEAUTEが紹介しています。

医師が伝授!日焼けに危険な食べ物・治すのに有効な食べ物って? | 美BEAUTE(ビボーテ)医師が伝授!日焼けに危険な食べ物・治すのに有効な食べ物って? | 美BEAUTE(ビボーテ)

編集者:いまトピ編集部