2022/6/5 08:20

宝くじ10億円を当てた男が30歳年下の恋人を…億万長者の末路は〇〇刑 「お金は人をおかしくさせる」

宝くじ

宝くじで1,000万ドル(約13億円)の賞金を獲得した男が、交際相手の女性を射殺した罪で有罪判決…先週金曜に終身刑を言い渡されたのです。

■終身刑で刑務所行き

ノースカロライナ州リーランドに住むマイケル・トッド・ヒル(54)は、交際相手のケオンナ・グラハムさん(23)を殺害した罪で有罪判決を受けた。

検察官は「ホテルの監視映像は、マイケルが部屋でケオンナさんと一緒にいた唯一の人物であることを示していました」と語っている。事件から3日後にマイケルは逮捕され、ケオンナさんの殺人罪で有罪となったのち、5月27日に仮釈放なしの終身刑を言い渡された。

マイケルは取り調べで、ケオンナさんがホテルで別の男と連絡を取り合っていたことに腹を立て、撃ったことを告白しています。

■スクラッチくじで億万長者に
報道によるとマイケルは事件を起こす前、2017年にスクラッチくじで1,000万ドルの賞金を獲得しており、当選の際に600万ドル(約8億円)の一時金を受け取っていたそうです。
賞金の使い道について、借金を完済し、妻のビジネスに投資するとメディアに語っていたが、高額な宝くじが人生を狂わせることはそう珍しいことではありません。

一生かかっても手にできないような大金を当てた直後に罪を犯し、終身刑を受けてしまったマイケルに、ソーシャルネット上では多くの反響が↓
「せっかく億万長者になったのに…」
「お金は人をおかしくさせる」
「いくら大金を積んでも、自分を魅力的にすることはできなかったようだ」
厳しい意見が大半のようだ。
しらべぇが伝えています。


宝くじ10億円を当てた50代男が30歳年下の恋人を殺害 億万長者の末路は終身刑 – Sirabee宝くじ10億円を当てた50代男が30歳年下の恋人を殺害 億万長者の末路は終身刑 – Sirabee

編集者:いまトピ編集部