2022/5/27 09:05

2ヶ月間車に乗らなかっただけで大被害か「誰にでもあり得る必ず注意するべき点」法律違反の可能性も・・・「知らなかったら危険すぎる」

車

日本に生息する多くの野鳥は春から初期頃に繁殖期を迎えるようです。

■これは衝撃的!車から鳥の巣が……
2カ月間乗っていなかった車のボンネット中央にあるエアインテーク(空気取り入れ口)から、鳥が出入りしてエンジンルームに「鳥の巣」を作っていたのです。

■みんなの反応
・まさに巣張る(スバル)ですね。
・いろいろとご連絡やお手続き大変でしたでしょうに、とても優しさに溢れる対応をされててほっこりしました。ハクセキレイちゃんたちも元気に育つとよいですね。
・普通の車でも、猫。ネズミ、蛇、入り込み、エンジンダメになったケースありますね!
・スバル車みたいなダクトはありませんが、ボンネット裏に蜂の巣なら出来たことありました!

車に支障をもたらすことがない場所であり、車を動かしても、鳥の巣やヒナへの影響はそこまで考えられない場所だと教えていただき、ディーラーの所まで向かったそうです。

家の近くの木に返すのが一番良いと言われました。その後、巣とヒナを箱に入れて、車の点検を行ってもらってから、巣とヒナと共に自宅に戻り、車が停めてあった近くの木に巣ごと移動しました。

また、卵を産んでいる、もしくはヒナがいる鳥の巣を勝手に駆除すると「鳥獣保護管理法8条」に違反になります。

鳥獣及び鳥類の卵は、捕獲等又は採取等(採取又は損傷をいう。)をしてはならない。

以上を秒刊SUNDAYが紹介しています。

2ヶ月間乗らなかった車から「鳥の巣」を発見!その後の様子を投稿者に聞いた | 秒刊SUNDAY2ヶ月間乗らなかった車から「鳥の巣」を発見!その後の様子を投稿者に聞いた | 秒刊SUNDAY

編集者:いまトピ編集部