2022/5/23 09:08

親元を離れて暮らす人が、生涯で両親に会える残り時間…「事実に、愕然とした」

親

俳優の佐藤二朗 (@actor_satojiro)さんが投稿した、時間にまつわるツイートが話題です。

「大学時代の友人T氏が今朝の西日本新聞に書いた社説を読む。大手時計メーカーが算出した結果、例えば親と別居の30代後半の人が生涯で母親と会える残り時間は計26日ほど。50代前半では計10日足らず。父親となると更に半減。住まいの距離にもよるだろうが、驚愕。すぐに親に電話した。変わらぬ声に感謝。」

この事実に、愕然とした方も多いのではないでしょうか。
ハッとする呟きに、他のユーザーからは↓
●当たり前だと思っていた親との時間が、離れて住むとこんなにも短いのですね…
●30歳から15年で父親に会ったのは3回。3年前に他界。それから3ヶ月に1回母親に会っている。後悔しても遅い
●すぐに行動に移せる佐藤さんは素敵です。私も見習って明日、父と母に電話を掛けてみます
●親孝行したいときに親はなしとも言われているので、会えるときに会えると良いですね

会えなくなってから後悔することのないよう、家族との時間を大切に過ごしていきたいですね。
BUZZmagが伝えています。

親元を離れて暮らす人が、生涯で両親に会える残り時間は… | BUZZmag親元を離れて暮らす人が、生涯で両親に会える残り時間は… | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部