2022/5/10 15:12

仕事ができなかった新人「社長、私ADHDでした」社長「そうか!謎がわかったぞ」ADHDとわかった後の『社長の行動』に「素敵すぎる」「この社長は神」「これが普通になってほしい」「理想すぎる」

社長

発達障害 令和を生きる ☆社会モデルを当事者目線で考えよう☆(@mirai4510)さんが投稿した、とある会社でのエピソードに注目が集まっています。
『従業員4人の小さな会社。
そこの新人さんは仕事がすごく出来なかった。
会社に行くのがつらくて、運転しながら泣いていた日もあったという。
そんなある日

女性「社長、ADHDと診断されました!」
社長「そうか!謎がわかったぞ!」

その日から社長さんは彼女のために業務のマニュアルを作った。
彼女に任せたい業務について、彼女がわからない所、困ってる所を聞きながらマニュアルを作った。
半年後、彼女は一通りの仕事を出来るようになっていた。この事務所にはチラシなどのデザインのニーズがあった。でも、今までは誰も出来なかった。
イラストレーターというソフトに興味を持った。
彼女は、好奇心を持ってデザインの勉強をした。そして独学でデザインを出来るように。
ADHDゆえに独創性がある彼女のデザインは取引先の間で評判になり会社は繁盛した。
めでたしめでたし♪
人を守る会社、人を育てる会社は社員のやる気も引き出せるし得をするのです(`・ω・´)
この社長さんは神』とのこと。
これに対しSNSでは
●きっと社長さんからしたら、普通なのかもしれない。
●これが普通になっていくといいな。
●良い社長さん。困っている人に寄り添える人になりたいな。
●理想の働き方改革だと思います。
●素敵だわ
という声が集まっています。

以上、BUZZmagからお伝えしました。

仕事ができなかった新人。ある日、ADHDだと判明すると社長が… | BUZZmag仕事ができなかった新人。ある日、ADHDだと判明すると社長が… | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部