2017/5/30 19:11

海外の医者が「ロキソニン」を処方しない理由

薬goo画像検索

日本では大量に使われていますが、欧米では処方されない薬はたくさんあります。たとえば、鎮痛剤のロキソニン。ナビタスクリニックの佐藤智彦さんによると、「この薬は非常に効き目が鋭く、痛み止めとして有効であることは確かです。ただし、消化器への負担も非常に大きいという欠点もあります」とのこと。血便がでた患者さんの話をよく聞いてみると、ロキソニンを長期にわたって服用していたケースが実際によくあるとか。欧米ではこのような鋭い副作用を懸念してロキソニンはほとんど処方されないと、「現代ビジネス」が伝えています。

海外の医者は処方しないのに、日本の医者がなぜかよく出す「薬」一覧(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)海外の医者は処方しないのに、日本の医者がなぜかよく出す「薬」一覧(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

編集者:いまトピ編集部