2022/1/15 08:23

フィンランド人「冬場、体温はアソコから奪われるのになぜ日本人は…」衝撃の事実に…「いい事聞いた」

寒い

北極圏にある極寒の地、フィンランドは冬の気温が氷点下30〜40度になることもあるそう。そんな冬のフィンランドでは、とある防寒スタイルがあたりまえだそうです。

Twitterでは、こんなツイートが話題です。

「フィンランドに行った時に、現地のガイドさんが「冬場、体温は頭部から奪われるんです。なのになぜ日本人はほとんど帽子を被らないのですか?それで寒い寒いと言う。」と話していたのを聞いてから冬場はよく帽子を被ります。
お婆ちゃんも帽子はセーター一枚分違うと言ってたなー。」

驚きの情報に他のTwitterユーザーからは、こんな声が↓
・めっちゃいい事聞きました
・ロシア人が冬になるとモフモフの帽子を被ってるイメージがあったのは、そんな合理的な理由だったですね!
・だから、サンタさんは
帽子かぶってるんだー

たしかに極寒の国ロシアでは、頭部の防寒のため「ロシア帽」と呼ばれるモフモフの帽子を被っていますよね。スキーやスノボーでも帽子が必須アイテムとなっています。街を歩くときに帽子を被るだけで、かなり寒さを凌げるかもしれませんね。

いまトピが伝えています。

フィンランドの現地ガイド「冬場、体温は頭部から奪われるのになぜ日本人はほとんど帽子を被らないの?」→ネット民「いい事聞いた」 - いまトピフィンランドの現地ガイド「冬場、体温は頭部から奪われるのになぜ日本人はほとんど帽子を被らないの?」→ネット民「いい事聞いた」 - いまトピ

編集者:いまトピ編集部