2021/11/29 20:03

救急車「困るのは市民なのに」消防署に『まさかのクレーム』で救命士が”怒り”「狂ってる」「書類にサインさせたい」絶句

救急車Amazon

とあるクレームについて名無しの救命士(@00I6XHLKZ5V1s0Y)さんが投稿。

「私の本部では近年、救急車のサイレンに対する苦情の件数が増加しています。サイレンは緊急自動車の法的要件ですので『じゃあ鳴らすのやめます』となったら救急車はただの白いハイエースです。仮に要望通りにした場合に困るのは市民の側なのに、それを苦情として受理するのはいかがなものでしょう。」

あり得ない…!
身勝手すぎます。
SNSでは「苦情を受理する代わりに、今後あなたが救急要請、消防要請した際は、サイレン吹鳴せず普通走行で伺いますと言う書類にサインさせたいくらいです」「学校や幼稚園の運動会、除夜の鐘、そしてついに救急サイレンですか…。そんなのガン無視でいいと思います」「狂ってるね…」などの声が寄せれていました。
身勝手な理由で苦情を入れる方は今一度考え直して欲しいです。
以上BUZZmagからお届けしました。

「困るのは市民の側なのに」消防署に寄せられたクレームに絶句 | BUZZmag「困るのは市民の側なのに」消防署に寄せられたクレームに絶句 | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部