2021/11/25 17:48

「昭和生まれ〜平成中期生まれの皆さん、聞いて下さい」もう〇〇という言葉は通じない「ジェネレーションギャップ」「おばあちゃんと同じような扱いに」

びっくり

BUZZmagでは、こんなツイートを紹介しています。

『昭和生まれ〜平成中期生まれの皆さん、聞いて下さい。
「下駄箱」という言葉を平成後期生まれのうちの子は知りませんでした。今は「靴箱」との事。
「下駄箱」だと、ハンガーの事を「えもんかけ」と言うおばあちゃんと同じような扱いになるかもしれません。※老婆心ではありますが念のため呟きました』

ジェネレーションギャップをヒシヒシと感じるお話です。時代の流れとともに慣れ親しんだ言葉が廃れていくのは、少し寂しい気持ちになりますね。

みんなの反応
●下駄を入れないからですかね?なお、我が母はベビーカーのことを乳母車と言います(笑)
●何も考えてなかったけど、下駄箱って下駄を入れていた時代の名残なのか。筆箱も
●平成もレトロと呼ばれるようになるのかな?そんな事はあと20年待ってもらわんと、覚悟が…
●下駄箱っていう響きはぜひ残して欲しい…

まさかの呟きに、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

【衝撃】平成後期生まれの子には『あの言葉』が通じない!? | BUZZmag【衝撃】平成後期生まれの子には『あの言葉』が通じない!? | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部